女たちはなぜ身体をトコトン鍛え始めたのか

それは男の目線からは切り離された

「あどけない顔」に「大人のやわらかボディ」という「幼」と「熟」のギャップに理想の女性を妄想する男たちよ。いま、女性はみずからの肉体を「市場価値」から解放しつつあることを知るべし。

インスタグラムでハッシュタグ#腹筋と入力すれば、自身の自慢の腹筋を自撮りした、たくさんの写真がヒットする。有名人がアップすれば、たちまち何万ものLikeがつきネットニュースのトップになる。SNSの普及は、自らの肉体の市場価値を解放する手段となった。

君たちにもそのうちわかるさ

当記事は「GQ JAPAN」(コンデナスト・ジャパン)の提供記事です

“私の今のガールフレンドは、ボディビルダーだ。その良さは君たちにはわからないだろうが”

そんなことを20年前の、ブライアン・イーノがインタビューで語っていた。それの何が自慢なのか、うまく掴めない自慢話だった。一応イーノを知らない人のために説明すると、彼は極めて非フィジカルな領域に属する音楽家である。知識偏重型でリベラル派、当然のことだが身体なんてちっとも鍛えてない。そんなイーノは、言外に“君たちにもそのうちわかるさ”的なニュアンスを漂わせて、身体を鍛えているガールフレンドの自慢をしていたのだ。

なるほど、彼が予言した時代がいまようやく来ているようだ。モデルや芸能人たちは、トレーニングジムに通って鍛え上げた姿をインスタグラムで披露するようになっている。「シックスパック」は、すでに女性には不似合いな過剰な筋肉の付き方ではない。むしろ当たり前にめざすべきものになった。

次ページ産後、変化した体型を…
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本の分岐点 未来への対話
  • インフレが日本を救う
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT