「SNS写真」のせいでモテない残念な人たち

好印象を与える写真の撮り方がある!

SNS写真の撮り方ひとつで、あなたの印象は変わります(写真:Graphs / PIXTA)
いつか自然に結婚するものだとのんびり構えていたら、いつの間にかいい年に。焦って相手を探しはじめたが、なかなか出会いがない。いいなと思う女性が現れても、どうもその後が続かない……。そんな男性も少なくないかもしれない。
そんな“婚活中”の男性のために、婚活指導の第一人者であり、自身も結婚相談所を運営、、『となりの婚活女子は、今日も迷走中』の著書を持つ大西明美氏に、男性がデートにおいて心掛けるべきことを聞いてみた。

男性の婚活に使える写真の撮り方

こんにちは。婚活アドバイザーであり結婚相談所所長の大西明美です。これまでにのべ4万3000件の恋愛を研究し、過去5年で200組のカップルを成婚に導いた経験から、お見合いのマッチング業務の成功事例、失敗事例を分析し、再現性のある婚活の法則を導き出しています。

そうした経験から、男性のお役に立つアドバイスをお伝えするべく、今回は、前回記事の「花火大会デート」の注意点に続き、SNSで投稿する写真の極意についてお話しします。

文章と写真で自分を表現するSNS。インスタグラムなどさまざまなものがありますが、30~40代ではフェイスブックを使っている方も多いのではないでしょうか。

文章はもちろん、美しい写真をアップする人が多い、センスが問われるツールです。日常的に使いこなしている方もいれば、積極的に投稿はしないもののたまに閲覧しているという方も多いでしょう。

次ページイメージアップツールとして考えるSNS
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中国を知り尽くす異能の外交<br>官 垂秀夫 新中国大使

中国に幅広い人脈を持ち、アグレッシブな仕事ぶりで知られてきた垂秀夫・在中国大使。世界情勢が激動する中で国力差が開く日中関係をどう舵取りするのでしょうか。中国が最も恐れる男が日中関係のリアリズムを語ります。

東洋経済education×ICT