「SNS写真」のせいでモテない残念な人たち

好印象を与える写真の撮り方がある!

SNS写真の撮り方ひとつで、あなたの印象は変わります(写真:Graphs / PIXTA)
いつか自然に結婚するものだとのんびり構えていたら、いつの間にかいい年に。焦って相手を探しはじめたが、なかなか出会いがない。いいなと思う女性が現れても、どうもその後が続かない……。そんな男性も少なくないかもしれない。
そんな“婚活中”の男性のために、婚活指導の第一人者であり、自身も結婚相談所を運営、、『となりの婚活女子は、今日も迷走中』の著書を持つ大西明美氏に、男性がデートにおいて心掛けるべきことを聞いてみた。

男性の婚活に使える写真の撮り方

こんにちは。婚活アドバイザーであり結婚相談所所長の大西明美です。これまでにのべ4万3000件の恋愛を研究し、過去5年で200組のカップルを成婚に導いた経験から、お見合いのマッチング業務の成功事例、失敗事例を分析し、再現性のある婚活の法則を導き出しています。

そうした経験から、男性のお役に立つアドバイスをお伝えするべく、今回は、前回記事の「花火大会デート」の注意点に続き、SNSで投稿する写真の極意についてお話しします。

文章と写真で自分を表現するSNS。インスタグラムなどさまざまなものがありますが、30~40代ではフェイスブックを使っている方も多いのではないでしょうか。

文章はもちろん、美しい写真をアップする人が多い、センスが問われるツールです。日常的に使いこなしている方もいれば、積極的に投稿はしないもののたまに閲覧しているという方も多いでしょう。

次ページイメージアップツールとして考えるSNS
関連記事
トピックボードAD
  • 湯浅卓「トランプ政権の真実」
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
携帯料金は4割下がる?<br>「高い」の根拠を徹底検証

菅官房長官の「4割下げられる」発言の数値的根拠は正当か? やり玉に挙がるキャリア3社の携帯通信料金の解明に担当記者が挑む。結論は「高いとはいえないが、キャリアは儲けすぎ」。取られすぎと感じる人必読の渾身リポート。