カジノ法案参院内閣委で可決、14日成立へ

ギャンブル依存症対策の明示などを明記

 12月13日、与野党が対立してきたカジノを中心とする統合型リゾート施設(IR)整備推進法案が自民党の法案修正後に参院内閣委で採決され、賛成多数で可決された。東京近郊のパチンコ屋で2014年撮影(2016年 ロイター/Issei Kato)

[東京 13日 ロイター] - 与野党が対立してきたカジノを中心とする統合型リゾート施設(IR)整備推進法案が13日夜、自民党の法案修正後に参院内閣委で採決され、賛成多数で可決された。

臨時国会(訂正)の会期最終日に当たる14日、同法案は参院本会議に上程され、可決・成立する見通しとなった。

参院内閣委は13日、同法案の審議を続けたが、委員長ポストを握る民進党が同日中の採決に反対。その後、自民、民進両党の国会対策委員長らが断続的に協議した。

その結果、自民党がギャンブル依存症対策の明示などを明記した修正案を提示。民進党は採決に応じ、難航が予想された同法案の処理は、14日の可決・成立へと急展開した。

*2段落目の「通常国会」を「臨時国会」に訂正しました。

(田巻一彦)

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日産 危機の全貌<br>ゴーン追放 修羅場が迫る

19年間トップに君臨したカルロス・ゴーン氏が失脚。逮捕、そして解任という前代未聞の事態は実は序章にすぎない。カリスマの追放で日産自動車はこれからどうなるのか。日産に渦巻く危機の全貌を探る。