KDDI、投資ファンドからビッグローブを買収

取得額は800億円

 12月8日、KDDIは、インターネット接続サービス会社のビッグローブを子会社化すると発表した。取得額は約800億円。写真は都内で2008年11月撮影(2016年 ロイター)

[東京 8日 ロイター] - KDDI<9433.T>は8日、インターネット接続サービス会社のビッグローブを子会社化すると発表した。取得額は約800億円。200万人超の会員を抱えるビッグローブを子会社化することで、通信領域だけでなく、決済や物販事業などの非通信領域でも収益拡大を図る。

2017年1月末をめどに投資ファンドの日本産業パートナーズが保有するビッグローブ株を取得、完全子会社化する。ビッグローブは固定インターネット接続サービスと格安スマートフォンサービスを提供しており、2015年度の連結売上高は775億8100万円。

2006年にNEC<6701.T>から分社化され、2014年に日本産業パートナーズが買収した経緯がある。

 

(志田義寧)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • コロナ後を生き抜く
  • 最新の週刊東洋経済
  • 占いのオモテとウラ
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT