KDDI、投資ファンドからビッグローブを買収

取得額は800億円

 12月8日、KDDIは、インターネット接続サービス会社のビッグローブを子会社化すると発表した。取得額は約800億円。写真は都内で2008年11月撮影(2016年 ロイター)

[東京 8日 ロイター] - KDDI<9433.T>は8日、インターネット接続サービス会社のビッグローブを子会社化すると発表した。取得額は約800億円。200万人超の会員を抱えるビッグローブを子会社化することで、通信領域だけでなく、決済や物販事業などの非通信領域でも収益拡大を図る。

2017年1月末をめどに投資ファンドの日本産業パートナーズが保有するビッグローブ株を取得、完全子会社化する。ビッグローブは固定インターネット接続サービスと格安スマートフォンサービスを提供しており、2015年度の連結売上高は775億8100万円。

2006年にNEC<6701.T>から分社化され、2014年に日本産業パートナーズが買収した経緯がある。

 

(志田義寧)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 本当に強い大学
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 北朝鮮ニュース
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日産 危機の全貌<br>ゴーン追放 修羅場が迫る

19年間トップに君臨したカルロス・ゴーン氏が失脚。逮捕、そして解任という前代未聞の事態は実は序章にすぎない。カリスマの追放で日産自動車はこれからどうなるのか。日産に渦巻く危機の全貌を探る。