KDDI、投資ファンドからビッグローブを買収

取得額は800億円

 12月8日、KDDIは、インターネット接続サービス会社のビッグローブを子会社化すると発表した。取得額は約800億円。写真は都内で2008年11月撮影(2016年 ロイター)

[東京 8日 ロイター] - KDDI<9433.T>は8日、インターネット接続サービス会社のビッグローブを子会社化すると発表した。取得額は約800億円。200万人超の会員を抱えるビッグローブを子会社化することで、通信領域だけでなく、決済や物販事業などの非通信領域でも収益拡大を図る。

2017年1月末をめどに投資ファンドの日本産業パートナーズが保有するビッグローブ株を取得、完全子会社化する。ビッグローブは固定インターネット接続サービスと格安スマートフォンサービスを提供しており、2015年度の連結売上高は775億8100万円。

2006年にNEC<6701.T>から分社化され、2014年に日本産業パートナーズが買収した経緯がある。

 

(志田義寧)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • ルポ「ホームレス」
  • コロナショックの大波紋
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
テレワーク総点検<br>コロナで広がる働き方格差

緊急事態宣言下で当たり前になった「テレワーク」。業種や職種によって実現度合いに大差がつき、この数週間で働き方の格差が広がったといえるでしょう。在宅勤務の課題を総点検し、コロナ後の働き方を考察しました。