知らないと損!サウナで身体はこう変わる

サウナ浴、水風呂、休憩の3ステップを解説

・発汗で疲労物質が排出される⇒疲労が軽減される!

サウナ室では血流が安静時の2倍にもなり、酸素の摂取量も増える

運動により乳酸が筋肉に溜まると疲れを感じる。乳酸は酸素により分解され、汗として排出されるが、サウナ室では血流が安静時の2倍にもなり、酸素の摂取量も増える。酸素を多く摂取することで、効率よく乳酸が分解されて疲れが取れるのだ。

Q2)水風呂にはどんな効果がある?

刺激が強いため高血圧の人は要注意!

身体を温めた後、水風呂で冷やすと身体に強い刺激が加わり、健康に良い効果が得られる。ただし刺激が強いため高血圧の人は要注意。水風呂なしの入浴法も検討しよう。

・自律神経が活発になる⇒活力がわく!

特に悪いところもないのに、身体がだるくて活力がわかないという人は、自律神経が乱れている可能性がある。高温のサウナ室のあとに水風呂に入り、自律神経を刺激して働きを活発にすると、心身のバランスが調整されて活力がわく。

・皮膚が引き締まる⇒湯冷めしにくくなる!

一般的には上の血圧が100m/hg以下の場合を低血圧という。倦怠感や頭痛などの原因にもなる

水風呂に入ると、冷たさに反応して血管や毛穴が収縮する。身体の中の熱は血液によって運ばれ、毛穴や皮膚から発散されるが、血管や毛穴が収縮しているときは熱が発散しにくい。体温が保たれるため、水風呂に入ると湯冷めが防げる。

・血圧が上昇・下降する⇒低血圧が改善する!

サウナ室では血管が拡張し、血圧は低い状態になっているが、水風呂に入ると血管は急激に収縮し、血圧が上がる。これを繰り返すうちに心臓と血管のポンプ機能が鍛えられるため、血圧が正常値に近づき、低血圧改善につながる。

次ページ水風呂に入ると湯冷めが防げる
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT