知らないと損!サウナで身体はこう変わる

サウナ浴、水風呂、休憩の3ステップを解説

Q3)休憩にはどんな効果がある?

水風呂から出たら身体をよく拭き、椅子などに座って休憩しよう。休憩を挟むことで身体への負担を減らせるうえ、サウナ浴と水風呂の刺激による効果を最大限に引き出せる。

・血圧・脈拍数が整う⇒身体への負担が減る!

サウナ室と水風呂では、血圧や心拍数が急激に変化する。休憩して正常な状態に戻すことで、身体への負担を減らし、サウナ効果を最大限に引き出せる。なお、サウナで失われた水分やビタミンも休憩時に補給しよう。

・いつもより深くリラックスできる⇒ストレス解消を促す!

サウナ室の熱さや水風呂の冷たさは自律神経を刺激し、身体を緊張状態にする。休憩で緊張が和らぐと、反動で全身が十分にリラックスする。これによって自律神経が整えられ、ストレスを効果的に解消できるというワケだ。

本場フィンランドでは屋外での休憩「外気浴」がメジャー。屋内より屋外のほうがよりリラックスできる

【まとめ】 サウナで身体はこう変わる!

温冷交代浴が身体本来の機能を呼び覚ます

人間の身体には、温度を感知するセンサーが2つある。ひとつは皮膚にあり皮膚の温度変化を感知するもの、もうひとつは脳の中で血液の温度を感知するものだ。サウナに入ると、この2つのセンサーは温度の上昇を脳の中枢に伝え、自律神経を通して血液循環の速度などを調整し体温を下げようとする。

このように、体温を一定に保とうとする機能を、短時間で活性化することができるのだ。サウナは、空調に守られ身体機能が鈍った現代人にとって、身体本来の働きを呼び覚まさせ、健康へと導いてくれる。

(協力:太田広)

GetNavi webの関連記事
世界初のノーベル賞ミュージシャン「ボブ・ディラン」を知る10曲
冬こそ温泉! 関東近郊にも日帰り温泉旅が楽しめるスポットが意外とあった
「キリン ハードシードル」は家飲み革命を起こせるのか? ベストマッチのペアリングを検証してみた
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 「若き老害」常見陽平が行く サラリーマン今さら解体新書
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
怒濤のM&Aで年商1兆円<br>ミネベアミツミの成長戦略

「中興の祖」髙橋高見氏の積極的な買収で大きく成長した旧ミネベア。娘婿の貝沼由久会長兼社長も同じく、M&Aによる事業拡大路線を歩む。現ミネベアミツミの成長の軌跡を振り返り、4月に買収したユーシンの再建に向けた課題を考察。

  • 新刊
  • ランキング