みずほ銀行のシステムは、いつ完成するのか

現代のサグラダファミリア教会?

かなり前から開発が続いている、みずほ銀行の新しいシステム。度々その進捗が話題になっていましたが、さらに遅延し、開発費も増額したというニュースをご存知でしょうか。11月22日に投資家向けの説明会で明らかにしたそうです。

ネット上でも度々話題になることが多いこの巨大プロジェクト。その求人情報についてもネット掲示板などで取り上げられています。銀行の勘定系システムは、みなさんのおカネを扱う社会インフラともいえるシステム。その信頼性は大変高いものが要求され、ITベンダーが負う社会的責任も大きなものになります。

銀行の取り扱う複雑な業務にも対応しなくてはならず、その開発に当たっては、それらの業務への深い理解を要求されます。

大変なプロジェクトであることはわかるのですが、このシステム開発、一体いつ終わるのでしょうか。

スペインのバルセロナにあるサグラダファミリア教会。1882年の着工して以来100年以上経った今でも完成していない巨大建築。冗談めかして、それに例えられることも多いのですが、同じ苦労をするのなら世界遺産として後世に残るもの作った方がまだ良いかも。

そんなサグラダファミリア教会も、2026年には完成予定とのこと。竣工のゴールが見えてきた巨大建築と同様、みずほ銀行のプロジェクトもゴールが見えるといいですね。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT