アマゾンのクラウドには「意外な敵」がいる

そのスピードが封じ込められてしまう

ぼへちゃんの会社、クラウドを使う案件が舞い込んできたようです。

最近は自前でサーバーを用意せず、AWS(Amazon Web Services)などのクラウド上にシステムを構築するケースが増えてきています。マシンの購入や自社内でのサーバー設置などが不要なので、多くの会社から注目されています。

早速AWSのユーザー登録をします。ポチポチっと操作して、1台目のサーバーをクラウド上に設置。ものの数分でサーバーが設置される様は、サーバー購入手続きから搬入&設置に何日も待たされる従来型のシステム構築とは大違いです。

設置されたサーバーにログインしようとしました。ところがログインできません。エラーメッセージが表示されてしまいます。なぜでしょうか。

どうやらぼへちゃんの会社、社外サーバーに勝手にアクセスできないよう、ブロックしているようです。不用意な情報漏洩を防ぐための措置なのでしょう。大きな企業ではよくあるセキュリティ対策です。

とはいえ、今回のような仕事でクラウドを使う人にとっては社外へのアクセスは必須。そのため、必要な人は会社の管理部門に申請書を出して、ログインできるようにしてもらう必要があります。

ただ、この開通までには申請受理から5営業日掛かるとのこと。せっかくスピーディにサーバーを設置できても、ここで何日も待たされるようではクラウドのメリットは半減してしまいます。

会社の制度上、致し方ないので申請書を提出したぼへちゃん。ところが申請書の書き方にミスがあったようで、翌日管理部門から「再提出してください。再提出後から5営業日でつながります」との連絡がありました。

いろいろな部署からの申請書の処理を少人数でこなさなくてはならず、どうしても時間が必要とのこと。とはいえ、なるべく早く開通できるよう、お願いします・・・。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT