アマゾンのクラウドには「意外な敵」がいる

そのスピードが封じ込められてしまう

ぼへちゃんの会社、クラウドを使う案件が舞い込んできたようです。

最近は自前でサーバーを用意せず、AWS(Amazon Web Services)などのクラウド上にシステムを構築するケースが増えてきています。マシンの購入や自社内でのサーバー設置などが不要なので、多くの会社から注目されています。

早速AWSのユーザー登録をします。ポチポチっと操作して、1台目のサーバーをクラウド上に設置。ものの数分でサーバーが設置される様は、サーバー購入手続きから搬入&設置に何日も待たされる従来型のシステム構築とは大違いです。

設置されたサーバーにログインしようとしました。ところがログインできません。エラーメッセージが表示されてしまいます。なぜでしょうか。

どうやらぼへちゃんの会社、社外サーバーに勝手にアクセスできないよう、ブロックしているようです。不用意な情報漏洩を防ぐための措置なのでしょう。大きな企業ではよくあるセキュリティ対策です。

とはいえ、今回のような仕事でクラウドを使う人にとっては社外へのアクセスは必須。そのため、必要な人は会社の管理部門に申請書を出して、ログインできるようにしてもらう必要があります。

ただ、この開通までには申請受理から5営業日掛かるとのこと。せっかくスピーディにサーバーを設置できても、ここで何日も待たされるようではクラウドのメリットは半減してしまいます。

会社の制度上、致し方ないので申請書を提出したぼへちゃん。ところが申請書の書き方にミスがあったようで、翌日管理部門から「再提出してください。再提出後から5営業日でつながります」との連絡がありました。

いろいろな部署からの申請書の処理を少人数でこなさなくてはならず、どうしても時間が必要とのこと。とはいえ、なるべく早く開通できるよう、お願いします・・・。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 今さら聞けない競馬のキホン
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
デザインの力で開く新たな価値観<br>プロダクトデザイナー 柴田文江

オムロンの体温計「けんおんくん」やコンビのベビー用品。暮らしに関わるプロダクトのあり方と、身体性を反映した柔らかな造形を追求してきた柴田氏の作品だ。女性初のグッドデザイン賞審査委員長への歩み、そして今考えていることとは。