全室に“マイ執事”!最高峰ホテルの接客

ホテル通もノーマーク?セントレジスのもてなし

――ウエディングは1回1組限定、しかも一日貸し切りと聞きます。これは珍しいことです。

まず、われわれのほうにスペースが少ないことがありますが、小規模なウエディングで、かつセントレジスのブランドを象徴するような挙式にするために、すべてのことを個人仕様にしているのです。質のよいお客様をしっかりとケアして、それでクオリティを保証するためには、最大でも週に2件の挙式になります。

婚礼に加えて、一般宴会でも少人数でクオリティの高いものをターゲットにしています。役員ミーティングのような会合から、高品質な商品のプレゼンテーションとか、数十人規模のものです。

宿泊は、日本最高価格!

最高級ホテルゆえ、客室単価も高い。足元のネット価格ではスイートの最低料金が5万円前後、通常部屋も2万円超からとなっているが、ウィキペディアでは「国内最高値」と評価されている。
百合、花菖蒲など植物名がつけられたスイートルーム12室を含め、客室は160室

――客室価格は日本最高だと聞きます。ビギナー向け割引とか、柔軟に設定する可能性はないのでしょうか。

フレキシビリティはよいことですね。ただ、それはディスカウント(値引き販売)を意味してはいません。両者には大きな違いがあります。4万円を2万円で売るなどということはありません。需要や時期に応じての柔軟な価格設定はよいことですが、マーケットを混乱させてはいけない。スマホ、ケータイで料金は確認できます。ディスカウントで予約したお客様は、ほかでもっと安い価格が出れば、そちらへ乗り換えてしまいます。

やはりこちらの戦略が大切で、それをしっかり持っているからこそ、お客様がリピートしてくださるのです。

次ページ東京にも来ますか?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • コロナ戦争を読み解く
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 西村直人の乗り物見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大学 シン・序列<br>コロナ後に変わる名門校の条件

コロナショックを受けて、大学をめぐる環境は急変。授業のオンライン化、学生の経済的困窮など、解決するべき課題は山積しています。大学はどのように変わるのか。50ページにわたる特集で最高学府の近未来を探りました。