全室に“マイ執事”!最高峰ホテルの接客

ホテル通もノーマーク?セントレジスのもてなし

東京進出の可能性は?

――インターコンチネンタルが近くに開業します。競争は激化しますか?

われわれには独自の戦略がありますし、いろいろな国際ブランドが関西に出てくるのは、好ましいことです。国際的に大阪の認知度が高まるということですから。

大阪にしかないセントレジスが東京進出する日は?

日本に来るお客様の立場で考えてみると、問題は、新しいか古いかではないのです。きれいで、よくメンテナンスされて、非常によいサービスを提供してくれるかどうかで、お客様は戻ってくる。単に新しいホテルができたからという理由だけで、ほかのホテルに乗り換えたりはしません。これは、開業以来、われわれが学んだことです。

――たしか2001年ごろに、現在、コンラッド東京(汐留)がある場所に、セントレジスが出る計画がありましたね。今後、東京へ進出したいですか?

適切な立地とパートナーシップがあれば、ぜひ出したいですね。私にとって東京は、都市というよりひとつの国です。ビジネスチャンスも大きいと思います。すでに大阪に進出していますから、認知度も上がっていますし、次の出店はより容易になるはずです。

――総支配人は日本ではかなり旅行されるそうですが、気に入られた観光地はありましたか。

できるかぎり旅行しています。関西では京都、神戸。それから札幌へスキーにも行きましたね。ついこの間は日光へ行きました。非常によいところですね。東照宮では案内アナウンスがすべて英語だったので、3時間そこにいました。旅館に泊まって温泉に入り、妻と家族も非常に楽しんでいました。日本の懐石料理の夕食、朝食。すべてがすばらしかった。出会った方々もとてもよかったですね。いつか富士山にも登りたいし、沖縄へも行きたいですね。

(撮影:ヒラオカスタジオ)

 

筆者が手掛けた東洋経済オンラインのホテル連載が、電子書籍「1泊10万円でも泊まりたい ラグジュアリーホテル 至高の非日常」(小社刊)になりました。10万円以上するような部屋に泊まりたいと思わせるラグジュアリーホテルの魅力とはいったい何なのか。厳選9ホテルの総支配人たちが大いに語っています。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 若者のための経済学
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • フランスから日本を語る
  • 御社のオタクを紹介してください
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
銀行員の岐路<br>30万人の明日はどっちだ

超低金利、過剰な店舗、デジタル化対応にフィンテックの台頭。大きな課題に直面する銀行の苦悩は、岐路に立たされる銀行員たちの姿でもある。3メガバンクの人事改革、銀行員の転職事情、地銀決算ランキングなど、銀行員必読の特集。