全室に“マイ執事”!最高峰ホテルの接客

ホテル通もノーマーク?セントレジスのもてなし

しかも、私にとってブランドは関係ありません。たとえトップブランドのホテルでも、立地が悪く、見栄えが悪ければ、お客様から興味を持たれません。すばらしいブランドでありながら「バッド・ホテル」になってしまう。個人的な意見ですが、ハード(建物)とソフト(サービス)の両方が優れていることが大切です。

その意味で、このセントレジスホテル大阪に赴任したとき、これはすばらしいホテルだと感じました。このホテルを運営することに喜びを感じます。これはブランドそのものとはまったく関係がないのです。

このエリアのほかのホテルも見て回りましたが、このセントレジスはインテリアデザインに意匠が凝らされれたすばらしいホテルだと、来てすぐに感じました。

全客室につくバトラーサービスって何?

セントレジスを代表する特色のひとつが、バトラーサービスだ。1人の客のチェックインからチェックアウトまで、召使いのように専任のバトラーがサービスを担当する。24時間態勢で顧客のリクエストに応え、頼めば荷作りや荷ほどき、靴磨きなどもしてくれる。滞在中の洗濯物の受け渡しなどは、ドアを開けなくても専用扉(写真右下)で処理してくれるので、不在でもOKだし、在室時のプライバシーも確保される。まさに至れり尽くせりだ。

――現状、日本の一般のお客さんから見て、セントレジスはラグジュアリーホテルの最高峰のひとつ、というくらいの理解がせいぜいで、具体的な個性まではよくわかっていないと思います。どう違うか、教えていただけませんか。

特徴のひとつとして、「バトラーサービス」があります。セントレジスではすべての部屋にバトラーサービスがつきます。スイートであったり、高層階であったりは関係ありません。一つひとつの部屋すべてにです。

クリーニングされたスーツが、いつの間にか室内、玄関横に下げてある

まず初めてのお客さまであれば、質問をしないで理解するようにしています。何が好きなのか。ベッドの右側で眠るのが好きなのか、左側なのか。早朝型の人なのか、夜遅い人なのか。コーヒーを飲むのか、紅茶を飲むのか。部屋ではスリッパか、裸足か。

――それって、こっそりカメラで撮っているわけではもちろんありませんよね?

ええ、それでも、お客様のニーズをできるかぎりとらえる。そのうえで、すべてをリスト化します。次にいらっしゃったときは、お客様好みの部屋にセットアップしてお迎えします。

これは簡単なことではありません。なぜなら、1回目には1人でみえた方が、次はご夫婦連れでいらっしゃるかもしれない。あるいは職場のボスといらっしゃるかもしれない。そのシチュエーションごとに、お客様のニーズは異なってくるでしょう。われわれはそこまで理解していなければならない。とても興味深いことですが、非常に難しい。でもそれがバトラーのサービスのすべてなのです。

次ページバトラーは、ここまでやる
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • コロナ戦争を読み解く
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 西村直人の乗り物見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
先陣切った米国の生産再開<br>透けるトヨタの“深謀遠慮”

米国でトヨタ自動車が約50日ぶりに5月11日から現地生産を再開しました。いち早く操業再開に踏み切った背景にあるのが、日本の国内工場と米トランプ政権への配慮。ドル箱の米国市場も国内生産も守りたい巨大グローバル企業の深謀遠慮が垣間見えます。