日本の美術品、ただ今、中国へ流出中 活況呈す中国のオークション

✎ 1〜 ✎ 10 ✎ 11 ✎ 12 ✎ 最新
印刷
A
A

中国は今や米国、英仏の欧州と肩を並べて、世界3大オークション市場になったと言われる。ひるがえって日本を眺めてみれば、オークション市場が未発達なままで、中国の市場規模が数千億円なのに対して、日本では100億円程度にとどまっている。日本にはいくつか中小規模のオークション会社があるが、世界2大オークション会社のサザビーズとクリスティーズは日本でオークションを行ってはいない。

日本でオークションが広がらない理由は単純ではない。日本人の性格として公衆の目にさらされる形で高い買い物をしているところを見せたくない、という心理が働くとも言われる。また、美術品についていえば、日本の美術商業界があまり積極的ではなく、オークションに協力的ではないという話も聞く。

しかし、人に見られることが嫌ならば、電話による入札という手もある。また、業界が反対してもオークションは開けるわけだから、決定的な理由にはならないだろう。原因がどうであれ、このままではあまりにもったいない。

中国の人々がうらやましい

中国ではこのところ「海外回流」と呼ばれる美術品のジャンルが人気だ。かつて中国の戦乱や内戦、文化大革命などの混乱期に海外に流出した中国の文物が、今、中国の経済成長によって逆に中国に向かって「回流」しているという意味である。

実際、優れた中国美術品が大量に所有されている日本では、回流美術品を求める中国の業者が活発に買いあさっており、近年、日本からは膨大な量の美術品が中国に運ばれている。その場合、価値を決める主導権は中国側に握られており、本来はもっと高く評価されるべきものが十分に評価を受けることができないケースもあるだろう。

私のように美術品の芸術的価値よりもその来歴に関心がある者にとっては、日本に存在した経緯を誰も検証できないまま、中国に戻ってしまうことをたいへん残念に感じる。もし日本でオークションにかかれば、この品は中国に出したくないと考えたコレクターや企業、個人が購入することもできるだろう。少なくとも、その品がいつどんな形で日本に渡り、その間、誰の手を経て今日に至ったかという来歴が公開される。しかし、中国でオークションにかかってしまえば、「日本から戻ってきた品」の一言で片付けられてしまうことがほとんどで、買い取られた先もわからないことが多い。

日本にある中国美術品が中国に戻っていくことを惜しいと言っているのではない。中国文化の日本への伝来という意味で、文化史的に大きな意義を持っている品々だからこそ、最終的な行く末については、できるだけ透明化された形で世の中に知られるべきなのである。

加えて、美術品のオークションは人々が文化に接するうえで最上の勉強の機会になる。テレビ番組の「開運!なんでも鑑定団」で実感できるように、物に値が付けられ、その値が予想を超えても、下回っても、ある種の「興奮」を与えてくれることを私たちは知っている。ネットオークションとは質の異なる本物のオークション文化が日本に存在しないのは残念でならない。手軽にオークションを楽しめる中国の人々をうらやましく感じる。

関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
ディズニー大転換「入園者数引き下げ」戦略の背景
ディズニー大転換「入園者数引き下げ」戦略の背景
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
トヨタ初のEV、サブスクで多難な船出
トヨタ初のEV、サブスクで多難な船出
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT