年末商戦控え米団体が危険玩具リストを発表

「ウォークラフト」の武器も

 11月15日、子どもにとって危険な玩具を警告する米非営利団体が、年末商戦が始まるのを前に、「危険なおもちゃワースト10」を発表、映画「ウォークラフト」から着想を得たハンマーなどが含まれた。写真は6月撮影、ウォークラフトの上海プレミアのようす(2016年 ロイター/Aly Song )

[ボストン 15日 ロイター] - 子どもにとって危険な玩具を警告する米非営利団体が15日、米国で年末商戦が始まるのを前に、毎年恒例の「危険なおもちゃワースト10」を発表した。

「World Against Toys Causing Harm」が公表したリストには、映画「ウォークラフト」に登場する武器から着想を得たおもちゃのハンマーやスリングショット(ゴム銃)、ぬいぐるみなどが含まれた。子供たちがけがや窒息をする恐れがあるという。

同団体は声明で、こうしたおもちゃは親が考えているより危険な可能性があると指摘。重傷や死に至る場合もあるとして注意を呼び掛けた。

リスト入りしたおもちゃの製造メーカーはコメントの求めに応じていない。米国玩具工業組合(TIA)は声明を発表し、こうした懸念を一蹴。「毎年毎年、不必要に親を怖がらせる嘘を繰り返している」と非難した。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT