震災、市町村合併で庁舎の建て替えを決断

<独自調査>市役所庁舎の建て替え状況

相馬市役所は震災影響により建て替えを計画

東洋経済では、全国812都市(789市と東京23区)の市役所(東京23区は区役所)の建て替え計画に対する調査を行い、803市区から回答を得た(2013年2~4月調査)。対象は市(区)役所の本庁舎と支所庁舎で、政令指定都市の区役所庁舎は含まない。

2割が建て替えを進行中

まず具体的な計画の有無について、「計画あり」と答えた都市が133都市あり、「工事進行中」の33都市と合わせて、全体の約2割の都市が、庁舎の建て替えを進めていることがわかった。また「すでに完成済み」と答えた都市も46都市あった。なお、「すでに完成済み」については、この10年以内(2003年以降)に完成したケースのみカウントし、それ以前に完成したものは含んでいない。

これに対し、全体の約4分の3にあたる591都市は「計画なし」との回答だが、この中には、横浜市や鳥取市、江別市(北海道)、鹿沼市(栃木)などのように、具体的な計画段階までは達していないものの、検討段階にある都市が含まれている。また金沢市や狛江市(東京)、鯖江市(福井)、桑名市(三重)、池田市(大阪)などでは、建て替えとまではいかないまでも、耐震補強工事などを施している自治体も含まれている。

次ページ建て替えの理由は?
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 若者のための経済学
  • 本当に強い大学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スクープ! 積水ハウス地面師事件<br>「封印された報告書」の全貌

「なぜ積水はだまされたのか」。2年前の地面師グループによる大型詐欺事件。謎を解く同社の内部資料を本誌が独自に入手した。だまされた積水が調査報告書の公開を拒む理由は。取引を承認した役員が現在も要職にある“闇”をいま明かす。