松下幸之助「派閥をつくる会社はダメになる」

経営の神様が問わず語りに語ったこと

まあ、社員諸君は、自分も経営の成果を把握しておると、そういう気分になるんやな。そうすると、この会社は自分の会社だ、自分たちの会社であるという気持ちになる。自分が働いたことで、成果があがったということが、はっきりと分かる。そこに、働く喜び、生き甲斐というものも生まれ、一生懸命やるぞという熱意も生まれてきたんや。

またガラス張りの経営をするということは、経営者がいかなる不正も行ない得ないということにもなるわな。経営者自身の自己規制にもなる。ガラス張りの経営はいろいろな、思わん効果をもたらしたと言える。

そやな、全員で経営をしてきたのも、よかったかもしれんなあ。わしひとりで経営をやるということではなく、社員みんなで経営をやろうということを心掛けてきたな。いま言ったガラス張りで経営をしてきたのも、社員諸君の知恵を集めてきたのも、すべてこれ、全員で経営をしようとしてきたということやね。

事業部制にしても、そや。きみ、これを担当してやってくれ、そして一切の経営はきみがやってくれ。まあ、こういう主義やな。一人ひとりが経営を、わがこととして考える、一人一業、そういう考え方で取り組む。そういう環境を作ってきた。そやから、ワンマン経営ではないわけや、早い話が。時折、あんたはワンマンではないですかという人もおるけれど、まあね、そういう人は実態を知らんわけやな。とにかく、つねに社員一人ひとりを主人公にするようにして、仕事をしてきたんや。

会社は公のものである

そして、会社の仕事を公の仕事だと社員に訴え続け、理解してもらったことも、成功の要因のひとつと言えるわな。会社は個人のものではないですよ、わしひとりのものでもなければ、社員個人のものではないですよ、そういうことを言ってきた。

まあ、法律からいえば、私企業ということになるけれど、実際の姿から考えれば、そう考えんほうがええわけや。第一、会社をやっていくにあたって、なにが必要かと言えば、まずおカネやろ。おカネがなかったら会社、つくることもできんし、経営をしていくこともできんわね。けど、そのおカネというものは、誰のものでもない。「カネは天下のまわりもの」と言うけど、そのとおりやな。公のもんや。

次ページ人材も天下のもの
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 財新
  • 今見るべきネット配信番組
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT