ウクライナ国会で国会議員がまた乱闘騒ぎ

親ロシアと反ロシアが殴り合い

 11月14日、ウクライナ国会で、親ロシア派の政党である「野党ブロック」のボイコ党首(写真左)と反ロシア派「急進党」のリャシュコ党首(写真右)が殴り合いの喧嘩をする騒動があった(2016年 ロイター/Alex Kuzmin )

[キエフ 14日 ロイター] - ウクライナ国会で14日、親ロシア派の政党である「野党ブロック」と反ロシア派「急進党」の指導者が殴り合いの喧嘩をする騒動があった。

事の発端は、急進党のオレ・リャシュコ党首が野党ブロックのユーリー・ボイコ党首に対し、ロシアを訪問してロシアの指示を受けてきたと非難し、刑務所行きになるべきと発言。

発言に怒ったボイコ氏は立ち上がってリャシュコ氏の顔にパンチを見舞った。他の議員が止めに入ったものの、リャシュコ氏が非難を続けたため再び殴り合いとなった。

ウクライナ国会では乱闘騒ぎが珍しくなく、リャシュコ氏が絡むケースは今回が初めてではないという。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 家族の法廷から
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 今さら聞けない競馬のキホン
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
デザインの力で開く新たな価値観<br>プロダクトデザイナー 柴田文江

オムロンの体温計「けんおんくん」やコンビのベビー用品。暮らしに関わるプロダクトのあり方と、身体性を反映した柔らかな造形を追求してきた柴田氏の作品だ。女性初のグッドデザイン賞審査委員長への歩み、そして今考えていることとは。