ウクライナ国会で国会議員がまた乱闘騒ぎ

親ロシアと反ロシアが殴り合い

 11月14日、ウクライナ国会で、親ロシア派の政党である「野党ブロック」のボイコ党首(写真左)と反ロシア派「急進党」のリャシュコ党首(写真右)が殴り合いの喧嘩をする騒動があった(2016年 ロイター/Alex Kuzmin )

[キエフ 14日 ロイター] - ウクライナ国会で14日、親ロシア派の政党である「野党ブロック」と反ロシア派「急進党」の指導者が殴り合いの喧嘩をする騒動があった。

事の発端は、急進党のオレ・リャシュコ党首が野党ブロックのユーリー・ボイコ党首に対し、ロシアを訪問してロシアの指示を受けてきたと非難し、刑務所行きになるべきと発言。

発言に怒ったボイコ氏は立ち上がってリャシュコ氏の顔にパンチを見舞った。他の議員が止めに入ったものの、リャシュコ氏が非難を続けたため再び殴り合いとなった。

ウクライナ国会では乱闘騒ぎが珍しくなく、リャシュコ氏が絡むケースは今回が初めてではないという。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT