ドライヤーの正しい使い方を知っていますか

髪を濡れたまま放置するのは御法度

影響を受けるのは髪だけではありません。頭皮にとっても濡れたままの状態は好ましくありません。髪や頭皮には常在菌が存在し、髪を弱酸性に保ったり、新陳代謝をよくしてくれていますが、頭皮が濡れている状態だと、雑菌が繁殖し毛穴が塞がったり、新陳代謝が悪くなるともいわれています。

毛穴に老廃物や酸化物がたまり、結果毛根に栄養が伝わらず、薄毛の原因になりかねないのです。嫌な匂いのもとにもつながりかねません。就寝前に髪を乾かさなかったら、枕や布団を濡らし、それが原因で雑菌を繁殖させてしまうこともあります。

雑菌はかゆみを感じてしまう原因にもなり得ます。かいて頭皮を傷つけてしまうとフケだったり、毛穴にダメージを与えてしまいます。髪を乾かさないことが、悪循環の発端になってしまうのです。

髪の長い女性だけでなく、短髪の男性にとっても、髪や頭皮を良い状態に保つには、濡れた髪は早めにドライヤーで乾かすのが望ましいのです。ドライヤーの前にタオルで拭く際も、こするのではなく、叩くような拭き方がいいでしょう。濡れて膨潤している状態の髪は、摩擦に対しても大変弱くなっているからです。

温風と冷風を正しく使い分けましょう

一方、ドライヤーを正しく使えている人は意外に少ないかもしれません。たとえば、市販のドライヤーには温風と冷風の切り替え機能が付いていますが、これにはちゃんと意味があります。

髪は例えるならロウソクのロウと同じ。温めると柔らかくなり、冷えると固まるという性質を持っています。温風で、まずは根元を指でシャンプーするような動作で地肌を乾かします。この時、根元を起こしながら乾かすと自然なボリュームが出ます。逆にボリュームを落としたいなら、ドライヤーを上に持ち上げ、風を上から下に温風で乾かすと、ボリュームダウンもする効果が得られます。

大切なのは毛先です。髪の毛は余程のことがない限り、毛先のほうがダメージの進行も進み、キューティクルも薄いのです。毛先にもドライヤーをちゃんと当てることが、綺麗な髪の毛につながります。

私の美容室に来られているお客さまから、「ドライヤーは少し半乾きのまま終わらせてしまうのですが、大丈夫?」という質問を受けることがあります。私は「大変かもしれませんが、完全に乾かしきることが大事です」と答えています。

髪にツヤを与えたい時は、ドライヤーで程よい距離を保ち、指を通しながら上から下にキューティクルを整えたらベスト。そして最後に冷風です。冷風はスタイルを維持する効果と、キューティクルを引き締める収斂効果もあり、髪にツヤがでます。

ドライヤーを正しく使って、髪を良い状態に保ちましょう。濡れたまま寝るのは御法度です。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
官僚の掟<br>忖度エリートのカネと出世

不人気、不遇、不祥事で没落するエリートたちの悲哀。次々に発覚する官僚たちの過ち。採用応募者は年々減少し、東大生の官僚離れが顕著に。それでも官僚はおいしい仕事なのか?