よいゾンビ企業と悪いゾンビ企業

ド直球で企業再生を考える

企業再生の本当の難しさ

また、再生局面では(当たり前ですが)再生することが何より優先されるので、目標が明確です。目標が明確であると、合意形成がシンプルになり、意思決定もスムーズに進みます。

(余談ですが、一昨年の震災後、ものすごい勢いで国内のインフラの復旧が進みました。このスピード感は関係者の想像を超えた努力があると思いますが、目標が明確であったこともかなり重要な要素を占めていると思います。)

そういう意味で、本当に難しいのはその後の成長局面です。入院した人を退院させた後、完全な健康体へと移行させることです。

入院する人は、入院する理由があります(当たり前です)。要するに問題が見えています。原因も大体見えています。したがって治療法も見えていて、そこから退院させることもある程度、想定の範囲内で対応が可能です。しかし退院した人を完全な健康体にするというのはステージが異なる話です。

退院して、問題そのものが見つからない(ように見える)状況の中で、どうしていけばいいのか。問題解決の最も難しいところは、問題を発見するところでもあります。

再生に取り組みながら、再生後のことを考える。もしかしたら企業再生の難しさはそんなところにあるのかもしれません。

※ 本文は筆者の個人的見解であり所属する組織・団体を代表するものではありません。
 

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 最新の週刊東洋経済
  • ドラマな日常、日常にドラマ
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT