バツ2シンママの心を破壊した「暴力の連鎖」

父親からの虐待、配偶者からの暴力・・・

「2度目の離婚で精神まで壊してしまって、もう私は終わりって。どうして自分には普通の幸せがないのか、ツライことばかりなのか、そんな悲観ばかりです。最後の最後に頼った母親は、やっぱり実の子供より、女として男を選択する人でした。自分の子供を守れるのは、自分だけじゃないですか。けど、母はそれがいっさいない。自分が親になってわかったことだけど、母は親になる資格がない人です」

3年前。本当に追い詰められて前夫から逃げ、母子支援施設に保護されたとき、かすかな希望を持って母親と義父の家に行く。助けてほしかった。ずっと自分の胸にしまっていたが、母親と義父が駆け落ちした25年前、実の父親から凄惨な虐待にさらされた事実を話した。

「私は“小学校のとき、あれから何があったか知っている? ”ってすさまじかった父親の虐待を話して、それから義父に“人殺し”と言われたことがつらかったことも伝えた。私も大人なので冷静に話した。義父は“そんなこと言ってない”って怒鳴りだして、母親は“虐待されたなんて、どうしてウソつくの”って。実の父親がそんなことするわけないって。だからもういまだに義父にはウソつきバカ女って呼ばれています。だから私には、どんなに苦しくても助けてくれる家族はいない」

ファミレスの片隅の席。夕食時に家族連れでにぎわう中、三井さんは話しながら泣いてしまった。

年収200万円以上もらえる仕事はない

母子支援施設を出て働いた非正規店長職でパワハラに遭い、適応障害を患った。もう、どうしても働けないと福祉事務所に相談に行き、ケースワーカーから何度も「実の母親の家に戻れないのか」と迫られた。何度も何度も破綻した関係を説明して、1年半前にようやく生活保護が下りる。

迷惑をかけてはいけない。なんとか働かなくてはと仕事を探したが、やはり最低賃金に張りついた仕事しか見つからなかった。同居する次男に謝りながら朝から晩までダブルワークして、やっと生活保護費から2万円程度アップした賃金を稼ぐ。生涯、こんなギリギリの暮らしをしなくてはならないのか、未来のことを考えるとため息しか出てこない。

日本は103万円の配偶者控除の制度が象徴しているように、女性は世帯主の補助的な役割という社会である。そのレールから外れたシングルマザーは正規職に就くのが困難である。そのような苦境に陥る女性は、近年激増している。さらに三井さんは実の父親や前夫による暴力から逃げているので、地域の縁もない。何もない、希望は何ひとつ見えない。

「次男と暮らせて幸せではあるけど、孤独感はすごくある。だって私、息子たちがお嫁さんをもらったら、孤独死確実ですよね。もう結婚はしたくないし、したくてもバツ2の自分にパートナーなんて見つかるはずがないでしょ。だから、孤独死は確実。結局、息子たちは巣立っていく、次男と一緒に暮らせるのは今だけで、独り暮らしになるのは間違いない。頼る家族も兄弟もいない。おカネがあれば、少しは希望があるかもしれないけど、一応、子育てを頑張った女に、年収200万円以上を払ってくれる仕事なんてないですから」

家族、配偶者に恵まれなかった三井さんの心の拠り所は、一緒に暮らしている次男の存在だけだ。その小さな拠り所も、次男が社会に出るあと数年で終わる。いくら頑張って働いても、稼いだおカネは家賃と最低限の生活費で消えていく。ユニクロの洋服程度を買う余裕もない。

「私個人は、もう何も希望はない。昔のように自殺願望みたいな症状がまた出てくるのが怖い。死にたくはないけど、生きたくもないみたいな。憂鬱はいくら悩んでも晴れません」

三井さんはそう言って、話は終わった。2時間半しゃべり続けた。最後、涙はなかったが、彼女は一度も笑顔を見せることはなかった。

本連載では貧困や生活苦でお悩みの方からの情報をお待ちしております(詳細は個別に取材させていただきます)。こちらのフォームにご記入ください。

 

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT