富士重工業、円高で通期予想を下方修正

販売増でも吸収できず

 11月2日、富士重工業は、2017年3月期の連結業績予想を下方修正したと発表した。営業利益は前期比34.1%減の3730億円になる見通し。写真は都内で昨年11月撮影(2016年 ロイター/Issei Kato)

[東京 2日 ロイター] - 富士重工業<7270.T>は2日、2017年3月期の連結業績予想を下方修正したと発表した。営業利益は前期比34.1%減の3730億円になる見通し。従来は4000億円を見込んでいた。米国販売などは堅調だが、為替の円高影響による採算悪化などが響く。

トムソン・ロイターのスターマイン調査がまとめたアナリスト19人の予測平均値は4177億円で、会社の修正値はこれを下回っている。

通期の想定為替レートも円高方向に見直した。1ドル=104円(従来は106円)、1ユーロ=115円(同121円)。

通期の完成車の世界販売計画は106万2400台に増やす。従来は104万9700台を想定していたが、米国を中心に販売が好調なことから引き上げた。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 御社のオタクを紹介してください
  • 就職四季報プラスワン
  • 小幡績の視点
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権が誕生しても<br>「安倍時代」は終わらない

牧原出氏執筆の連載「フォーカス政治」。9月16日に菅新首相が誕生しましたが、施策の基本線は「安倍政権の継承」。惜しまれるように退任し、党内無比の外交経験を持つ安倍前首相は、なお政界に隠然たる影響力を保持しうるとみます。その条件とは。

東洋経済education×ICT