富士重工業、円高で通期予想を下方修正

販売増でも吸収できず

 11月2日、富士重工業は、2017年3月期の連結業績予想を下方修正したと発表した。営業利益は前期比34.1%減の3730億円になる見通し。写真は都内で昨年11月撮影(2016年 ロイター/Issei Kato)

[東京 2日 ロイター] - 富士重工業<7270.T>は2日、2017年3月期の連結業績予想を下方修正したと発表した。営業利益は前期比34.1%減の3730億円になる見通し。従来は4000億円を見込んでいた。米国販売などは堅調だが、為替の円高影響による採算悪化などが響く。

トムソン・ロイターのスターマイン調査がまとめたアナリスト19人の予測平均値は4177億円で、会社の修正値はこれを下回っている。

通期の想定為替レートも円高方向に見直した。1ドル=104円(従来は106円)、1ユーロ=115円(同121円)。

通期の完成車の世界販売計画は106万2400台に増やす。従来は104万9700台を想定していたが、米国を中心に販売が好調なことから引き上げた。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。