実績とコネ:米国の就活で大事なモノ

再チャレンジでのNASA JPLへの就職

そんなかいあって、慶應からは無事、よい返事をもらうことができた。一方、JPLからは一向に返事が来なかった。しばらく慶應には待ってもらったのだが、あてのない返事を待ち続けて逃してしまうには惜しすぎた。僕は慶應からのオファーを受けることを決めた。

僕は慶應の仕事に対して何ら不満はなかった。それどころか、30歳に満たない駆け出しが、自分の部屋を持ち、学生を持ち、時間の100%を自分の裁量で使え、さらには数百万円の研究費まで無条件で与えられるのだから、これほどよい仕事などそうあるものではない。だから僕は慶應で「先生」として働くことに素直に興奮していた。

ただ、JPLに未練がなかったかといわれれば、そうでもなかった。落とされて悔しくなかったかといわれれば、死ぬほど悔しかった。吉川英治の三国志を読んだことがある方ならば、曹操に仕えていた時の関羽の気持ち、と言えばわかっていただけるだろうか。

JPL再チャレンジ

再びチャンスが巡ってきたのは、MITを卒業する直前のことだった。当時JPLにいた日本人の先輩が、インターンの機会があると声をかけてくれたのだ。ちょうど僕が博士課程でやっていた研究テーマがそのまま応用できる研究プロジェクトがあるとのことだった。ちなみにその先輩とは、7年前に僕がMITを志望するきっかけを与えてくれ、また前回の記事で説明したアメリカ永住権の取得方法も教えてくれた人だった。一生、頭が上がらない。彼と一緒に仕事をしたことはなかったが、専門分野が近いので、僕の博士研究を理解し、評価してくれていた。

MITの卒業が2月初頭、慶應での勤務開始が4月で、その間の2カ月はインドを放浪しようかと思っていたのだが、それどころではない。その期間にJPLでインターンをすることを、僕は二つ返事で諒解した。

季節感に乏しい南カリフォルニアにも、季節を告げる花が咲く。初夏に咲く紫色のジャカランダの花だ。春になると桃色に染まる日本の街角のように、この時期のロサンゼルスの街は紫色に染まる。ただし、桜と異なり、1年に2度、秋にも咲くそうだ

そうして、僕は失敗に終わった面接から約1年ぶりにJPLにやってきた。真冬だというのに、南カリフォルニアの空には相変わらず太陽がさんさんと輝いていた。

このとき、僕には2つの魂胆があった。ひとつは、この2カ月間必死で頑張ってよい結果を出し、僕の能力を認めさせて、採用しなかったことを後悔させてやろうという魂胆。そしてもうひとつは、そうすればいずれ将来にまた縁があるかもしれない、という魂胆だった。

そして僕はそのとおりにした。昼夜も土日もなく働き、3週間でまとまった結果を出した。次の2週間でそれを論文にし、国際学会に投稿した。さらに残りの時間でもうひとつ結果を出し、そちらは帰国後に論文にした。双方とも採択された。

次ページコネクションのはしご
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 白馬通年リゾートへの道
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
小野薬品vs.本庶京大教授<br>大型新薬めぐり深まる溝

本庶佑教授と小野薬品工業がタッグを組んで生み出したがん免疫治療薬「オプジーボ」。ところが、本庶氏が特許の正当な対価として150億円の支払いを求め、小野薬品工業を提訴する方針を固めた。両者の関係はなぜこじれてしまったのか。

  • 新刊
  • ランキング