中国勢も驚く「中欧鉄道メーカー」の存在感

シュコダ・ペサが低価格を武器に西欧へ進出

ドイツ鉄道へ納入されたシュコダ製102型電気機関車。最高時速200キロの性能を誇り、同社の2階建て客車と手を組んでミュンヘンとニュルンベルクを結ぶ予定だ

鉄道メーカーとしては、「ビッグ3」のボンバルディア、アルストム、シーメンスの3社が有名だ。かつて、この3社が世界で大きなシェアを誇っていた。現在では形ばかりのビッグ3だが、そのネームバリューは今も絶大だ。

その一方、現在世界最大シェアを誇るのが「中国中車」だ。同社は、高速鉄道の建設速度や距離、最高速度を自慢するなど、安全性や信頼性を少々欠いた強引なやり方で世界中へ売り込みをかける姿勢が特徴。何かと話題に事欠かないことから、特に日本では注目される存在だ。

だがもちろん、このような形で注目を集めるメーカーばかりではなく、地元に密着して着実な仕事を続けているメーカーも多い。中でも最近、中欧をベースにしたメーカーが、西欧諸国への車両輸出を進めるなどして存在感を高めている。

日本では馴染みのない中欧諸国のメーカーには、どんな会社があるのか。そして、その製品とはどのようなものなのか。中欧の代表的な2メーカーを見てみよう。

チェコを代表する「シュコダ」

シュコダは、西ボヘミア地方プルゼニを本拠地とするチェコ最大の重工メーカーだ。1859年、ワルトシュタイン伯爵(Valdštejn Vartenberk)によって設立された重工業会社は、やがてそこで働きチーフエンジニアとなったエミール・シュコダによって、1869年に買収された。これが現在のシュコダの前身となる。

エミール・シュコダは会社買収後に事業を急速に拡大。1880年には近代的設備を持つ製鉄所を設立して、造船業などを立ち上げる。他国への輸出も開始した。

次ページ国有化を経て鉄道が基幹製品に
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 今見るべきネット配信番組
  • コロナ後を生き抜く
  • 若者のための経済学
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT