B787の運航再開急ぐ、ANAの事情

臨時便で、JALに先行

臨時便は東京(羽田)-札幌(千歳)間の計5便。定期便に空席待ちが発生している夕方から夜の混雑時間帯を中心に飛ばす。23日に定例会見を行った篠辺修社長は、「予約状況を見ると、週末、週の始めなど満席の便もある。需要の強いところは臨時便を出していけば、お客様の利便性にも貢献できるし、われわれとしても収益を上げられる」と、その意義を語った。

需要の多い東京―札幌間で便数が増えることは、旅客にとってもちろんメリットだ。同時に、定期便の運航再開が目前に控えている中で、少しでも早くB787を飛ばそうとするANAからは、JALにはない攻めの姿勢が感じられる。

5月23日に発表された、ANAの4月の旅客輸送実績では、国内線の旅客数が前年比0.9%減の274万4847人、国際線は前年比10.7%減の45万6541人となった。国内線、国際線ともに、大幅増の計画を立てる中、マイナスのスタートとなってしまった。

その最大の要因がB787の運航停止だ。4月も国内線だけで、10路線633便が欠航。加えて、新たな旅客機の受け渡しも滞っており、3月末までに受領するはずだった3機のデリバリーも遅れている(うち1機は先週に受領)。

今年度は強気な見通し

一方、ANAは、4月末に今年度(2014年3月期)の見通しを発表。JALが当期の旅客数を国内線で1.8%増(前期は3.6%増)、国際線で3.3%増(前期は9.9%増)で見ているのに対し、ANAは国内線を5.4%増(前期は5.3%増)、国際線を20.9%増(前期は6.7%増)と計画する(ANA国内線の数値は子会社の格安航空会社エアアジア・ジャパンの分を含む)。事業規模も競争環境もほぼ同じ、ライバル2社の数値とは思えないほどの差だ。

次ページ超保守的なJALとの違いは?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
人気の動画
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
サプライズと配当成長株で勝つ<br>株の道場 成長先取り編

菅首相の退陣決定を受け、東証株価指数が31年ぶりの高値へ急騰。日経平均株価も3万円を超えました。本特集では9月17日発売の『会社四季報』秋号を先取りし、上方修正期待の大きいサプライズ銘柄を抽出。株価上昇を享受する方法を会得しましょう。

東洋経済education×ICT