B787の運航再開急ぐ、ANAの事情

臨時便で、JALに先行

尖閣問題の影響はやわらぐが…

経営再建後のJALが石橋をたたいて渡る、超保守的な計画作りの傾向があることも確か。また昨年は尖閣諸島問題により中国路線の旅客が大幅に減少。この路線に特に力を入れるANAは、年間で約100億円の減収要因となったが、今年度はこの影響がやわらぐことも見込まれる。だが、それにしても、ANAの今年度計画は挑戦的に見える。すでにB787の運航停止で、大幅な旅客数減という影響が出ているだけに、一刻も早く運航を再開したいと思うのが自然だろう。

ANAの篠辺社長は4月の実績について、「B787の運航停止や納入遅延で、生産サイドがかなり厳しかった。ただ、今の段階では、おおむね想定の範囲内」と、通期の計画に対し順調に進捗しているとの説明を行った。B787の定期運航を再開する6月以降、輸送実績は上向くのか。今期のANAの業績動向は、しばらく注意して見る必要がありそうだ。

(撮影:尾形 文繁)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • CSR企業総覧
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT