B787の運航再開急ぐ、ANAの事情

臨時便で、JALに先行

5月26日(日)、全日本空輸(ANA)は、長らく運航停止を余儀なくされてきた最新鋭旅客機「ボーイング787(B787)」の運航を、ようやく再開する。1月に、飛行中のバッテリーが異常発熱し高松空港に緊急着陸したトラブルから4カ月余り。燃費性能が高く革新的なB787を中期戦略の核に据えるANAにとっては、待望のフライト再開だ。

日本の大手2社は、世界で最も多くB787を保有するANAが18機、日本航空(JAL)が7機を現在保有する。

JAL、ANAは安全性を確認

米国連邦航空局(FAA)は4月下旬にボーイング社の改修プランを承認。これを受け、2社は改修作業やテスト飛行、乗務員の技量維持のための慣熟飛行を行ってきた。こうした飛行によっても新たなバッテリー異常は発生せず、十分な安全性が確認されたとして、運航再開を判断した。

ただ、今回の運航再開で、JALとANAの足並みには違いが生じた。2社ともに6月1日から定期便を再開するが、ANAはそれに先駆けて、26日からの5日間に臨時便を飛ばすことを決めたのだ。

次ページB787の運航停止、旅客数に響いた?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 令和の新教養
  • 就職四季報プラスワン
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激突! アサヒvs.キリン<br>「正反対」のビール戦略

2020年に豪州最大のビール会社を買収するアサヒグループHD。国内縮小を見越し「スーパードライ」集中でグローバル化を強化する。一方、キリンHDは化粧品・健康食品のファンケル買収などで多角化を推進。正反対の戦略の成否は? 両社トップに聞く。