グローバルエリートが半年の連載を振り返る

「グローバルエリートは見た!」反省会

最後に:編集部にご連絡いただく際に

最後に親愛なる読者の皆様にお知らせである。こちらから私に御相談事やコラムへの感想、応援の御言葉を届けていただけるのだが(ちなみに編集部が不適切と判断した内容は編集部で止まって私のとこまでこないので、ご了承ください)、半年もたって気づくなよ、という感じもするが、フォームにメールアドレス記入欄がなかったので、私がお返事を出したくても出せないことが判明した。膨大な数のお便りをいただくため、お返事を出すことがかなわず大変恐縮なのだが、この場を借りて、暖かい応援の声に感謝申し上げたい。

特に、先日のディズニー特集でグローバルエリートが夏か年末の来日時、一緒にコーヒーカップでくるくるする、という“グローバル・コーヒーカップ企画”に大勢のお申し込みをいただいたのだが、ご連絡できずじまいになっているのは胸が痛い。

それほど心待ちにするほどの企画とは到底思えないが、私の来日時、一緒にディズニーランドに突撃取材し、コーヒーカップで回転されたい方は、こちらにお便りいただければ、私が夏か年末に来日した際に編集部からご連絡が行くかもしれない。年齢制限はあるのか、エリートでなくても大丈夫か、何か資格は必要か、などさまざまなお問い合わせが寄せられたが、コーヒーカップで一緒に回ってハイ解散、というシュールな企画のために遠方からお越しいただく気概のある方は、ふるってご応募いただきたい。

加えて、「グローバルエリートは見た!」に登場させて欲しい、またこの話題を取り上げて欲しい、という方は、面白い話を送って下さればそれを引用してご紹介させていただくので、こちらまでお送りください。

それでは、今後とも、われらが「東洋経済オンライン」および、「グローバルエリートは見た!」を、どうぞよろしくお願いいたします。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
  • 子育てと介護「ダブルケア」の現実
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ANAが希望退職実施へ<br>雇用維持貫くJALとの差

ANAホールディングス傘下の全日本空輸は10月7日、退職金の割り増しによる希望退職の募集を労働組合に打診。一方の日本航空(JAL)は同日に開かれた定例会見で、人員削減の考えはないと明言。両社で対応が分かれた要因とは。

東洋経済education×ICT