ドコモ、“ツートップ”戦略の勝算

13年夏商戦、快進撃LINEとも連携

もうひとつがソニーの「エクスペリア A(エース)」(ソニーモバイルコミュニケーションズ)。ソニーが発表しているグローバル機種「エクスペリア ZR」のドコモ向けモデルとなる。1.5ギガヘルツクアッドコアCPUを搭載。1320万画素のカメラはスリープモードからすぐに撮影できるクイック起動機能が加えられた。そのほか防水・防塵やNFC(近距離の無線通信)、おサイフケータイなど、従来のフィーチャーフォン機能も多数搭載されている。こちらは5月16日に予約開始、5月17日発売だ。

“ツートップ”は特別価格で提供

この主力2機種は特別価格で提供される。「エクスペリアA」の場合、ドコモを10年以上継続利用しており、初めてスマホに乗り換えるユーザーなら、キャンペーンを活用することで、実質5000円程度で購入できるという。主力端末に販促を集中するだけでなく、料金面も優遇することで、「どの機種を選べばよいのかわからない」といったユーザーの声に明確な答えを出す。

そのほかのラインナップは、省電力が自慢のIGZO液晶を搭載した「AQUOS PHONE ZETA」(シャープ)、3020mAhと夏モデル最大のバッテリー容量を誇る「ARROWS NX」(富士通)、従来のフィーチャーフォンを使用するユーザーが使いやすいように配慮した「ELUGA P」(パナソニック)、「MEDIAS X」(NECカシオモバイルコミュニケーションズ)。高齢者向け端末「らくらくスマートフォン2」(富士通)はLTEに対応し、タッチパネルを改良している。

両社の提携を発表し、握手するNTTドコモの加藤薫社長(左)とLINEの森川亮社長

そのほか、手のひらサイズのコンパクトな機種や、おなじみのディズニースマホなどがそろっている。全体的にみると、スマホ10機種中5機種がバッテリー容量2500mAh以上と、バッテリーの持ちが改善しているのがポイントだ。ドコモによれば、2500mAh以下の機種を含めても、全機種が約2日間(45時間程度)使用可能になったという。バッテリーの持ちを心配してスマホ購入を見送っていたユーザーにとっては朗報かもしれない。

主力機種に絞る戦略は、春モデル「エクスペリアZ」(ソニー)の「イチ押し」で実施済み。販売店サイドからも「おすすめ機種がはっきりしているので、初心者ユーザーにも販売しやすい」などと、おおむね評価する声が上がっていた。今回はツートップを打ち出すことで巻き返しを狙う。

一方、ツートップ戦略が空回りすれば、昨年のように販促費用を大幅に積み増すなど、業績面でも追い込まれる結果になりかねない。かねてうわさされるアイフォーン導入も、さらに現実味が増してくる。LINEとの連携も含め、顧客獲得につなげることができるか。ドコモ渾身の夏商戦の幕が開く。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • コロナ後を生き抜く
  • 最強組織のつくり方
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT