金利急騰!債券市場を破壊した黒田緩和

日銀は管理不能、高まるリスク

つまり、銀行や保険会社のバランスシートの負債側(調達)が減っていない段階で、資産(運用側)を強引に債券からリスク資産へシフトさせるというのは非常に危険なことだ。これまで銀行や保険会社は株や外貨建て商品で多額の損失を出してきた。

預金や保険契約は守られなければならないもので、銀行や保険会社は支払い不能となることは許されない。また、そうした懸念が出てくれば、金融機関同士の取引がスムーズに行われなくなり、金融システム危機につながる。そのために、銀行や保険会社に対する財務上の規制はこれまで強化されてきた。

日本銀行法に定められた日本銀行の使命とは、「物価の安定を図ることを通じて国民経済の健全な発展に資すること」と「金融機関の間で行われる資金決済の円滑の確保を図り、もって信用秩序の維持に資すること」である。黒田日銀は後者をないがしろにしていると批判されても仕方がない。
 

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT