受験で全敗した私が、英語の達人になるまで

日本の英語教育を変えるキーパーソン  石渡誠(上)

大学受験はすべて落ち、浪人をすることになりました。自分の中では高校の3年間を浪人の1年で取り戻せばいいという気持ちがある反面、英語は特に受験問題にまったく歯が立たず、この先どうしたらいいか途方に暮れました。

松本亨博士との出会い

どう立て直そうかと悩んでいたときに、本屋さんである1冊に出会ったんです。松本亨(まつもと・とおる)博士の「英語で考えるには」という本です。松本博士は、NHKのラジオ英会話の番組講師を20年間以上務めるような著名な先生だったのですが、私は何も存じあげませんでした。ただ、書店に「英語で考えるには」という真っ赤な装丁の本がバーンと並んでいて、脳から英語が飛び出すようなイラストが目に留まったんです。

石渡誠
ランゲージ・ティーチング・レボリューションズ代表取締役
松本亨高等英語専門学校卒後、21歳で同校専任講師に就任。5年間の教鞭後、米国に留学。南アラバマ大学でコミュニケーション学と英語学、ジョージタウン大学院にて日本語講師を勤めながら同大学院で英語教授法修士号、4年間で学士・修士号を取得。帰国後は松本亨高等英語専門学校を引き継ぎ、教育現場にて英語教育に専念。2004~12年カプラン・ジャパン代表。カリキュラム構築、マネジメントを手掛ける。ユニークな指導方法は、米国ABC放送や、ウォールストリートジャーナル誌などで紹介される。2013年にトップレベルの英語発信力養成に特化した英語学校FORWARD—English School for Change--を開校。著書に「英語を本気でモノにするための心構え」「英語を本気でモノにするための学習法」などがある。

この本を買ったことが、結果的に私の人生を変えることになりました。とはいっても、これは英語で考えるための演習本だったんですね。英語力のほとんどなかった私には設問ですら理解できずスルーしたので、ほとんど2〜3分で読み終わってしましました。はしがきとあとがきだけ読んだようなもので(笑)。

だだ、その本を手にしたことで、松本先生の存在を知り、「英語で考える」という考え方があり、しっかり勉強すれば日本人でも英語ができるようになることを知ったんです。「そんな指導方針があるのはすばらしいな」と感激しました。

巻末の肩書きには、松本亨高等英語専門学校学長とありました。私は「高等英語専門学校」のことを高校と勘違いしたので、最初、松本先生は高校の先生だと思ったんです。ですから、「ああ、オレは高校卒業してしまったから、この人の授業は受けられないのか」と一度はあきらめました。

しかたなく、ほかの方策を考えようと、また本屋に行って、今度は大学受験用の雑誌を買いました。すると、そこに「松本亨高等英語専門学校 春期大学受験講習」という広告があり、初めて専門学校だということがわかったんです。

「大学受験講習もやっているんだから、行かない手はない」と考えてすぐに受講の手続きをしました。これは3週間の講習だったのですが、今考えると、短期のものを最初に受けられたのはラッキーでした。

なぜなら、自分の英語に対しての心構えを正すのに時間が必要だったからです。現在、私のスクールではワンデープログラムという1日集中コースがあるのですが、とても1日だけでは、私のひねくれた心は直せなかったと思います。

次ページ留学経験がなくても、英語ができるようになる
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ドラの視点
  • 精神医療を問う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT