「補助剤」と戦い続けた卓球・水谷選手の覚悟

ラケットの補助剤不正使用問題を検証する

ルール破りが横行していくと、さらに悪知恵を働かせる選手が現れる。ラバーの厚さは4ミリ以下に制限されているが、補助剤を塗り込めばラバーは膨張して厚くなる。このため、ラケットの表面をくり抜き、厚みをごまかすケースも出てくるようになった。

こうした実情を、水谷はロンドンオリンピックの前から日本卓球協会に直訴。ロンドンの開催中にはITTFのアダム・シャララ会長(当時)が「不正行為をしている選手がいるのはわかっている」と日本のテレビ局の取材に答えたが、その後も事態は変わらなかった。

どん底からはい上がろうとした水谷の覚悟

筆者は戦後のスポーツヒーローで"ピンポン外交官"としても知られた3代目ITTF会長の荻村伊智朗氏(故人)の評伝『ピンポンさん』を出版したのをきっかけに、多くの卓球関係者と出会うようになった。

卓球ほど用具に依存しながら、用具に寛容な競技はない――。そう痛感したのは、水谷の告発を批判的に受け止める声が、国内の関係者の間でも少なくなかったからである。

「グルーと違って健康に害がないのならば、補助剤を使ってもいいのではないか」

「公認されているラバーも、補助剤に近い成分を最初から塗り込んでいるのではないか。それなら、性能はほとんど変わらないはずだ」

「水谷も文句を言わずに、補助剤を使って対等な条件で戦ったらいい」

それは「ロンドン五輪で結果が出なかった言い訳にするな」という批判よりも、水谷にとって酷だったはずである。ITTFは「解決策を見つけるために全力を尽くしている」としながら、彼らと同様の見解を折にふれて口にしていたからだ。

とりわけ、補助剤の使用解禁という選択肢に、水谷は強く反発した。「もしそうなったら、僕は卓球をやめると思います。誠実にルールを守りながら、技術を磨いてきたこの数年間の日々の努力が無駄になりますから」と。

補助剤の不正使用を告発したあと、水谷は失意の日々を送った。

復帰後すぐに迎えた2013年の全日本選手権で敗れ、2年連続で後輩に天皇杯を譲った。その後の世界選手権では初戦敗退という初の屈辱をなめてしまう。

「すべてが悪い方向へ流れていって、卓球をやめようかと考えたこともありました」と、水谷は筆者の当時のインタビューに答えている。

次ページ覚悟を決めた
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • ドラの視点
  • ネットで故人の声を聴け
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT