復刻に味出し加工…気になる「デニム」12選

人気ブランドの新作より厳選!

おすすめのデニムを紹介します!(写真 :Bunwit / PIXTA)
男の定番アイテムであるデニムに、今期も人気ブランドから渾身作が出揃った。新たな素材、遊び心のあるディテールなど、進化するデニムの最前線にフォーカス。『MonoMax』編集部が話題のブランドより厳選した、オススメの1本を紹介する。

 創業当時のモデルを再現

リーバイス® ビンテージクロージングの501® 1976(¥30000)
リーバイス® ビンテージクロージングの501® 1976

501®の代表的なヴィンテージモデルを忠実に再現し、素材やシルエット、加工技術を徹底的に追求するエクスクルーシブライン「リーバイス®  ビンテージ クロージング」。

この「501® 1976」は、ビームス創業40周年を記念し、創業当時の1976年にリリースされたリジッドモデルを再現した注目作だ。

コーン・デニム社によるセルビッジ生地、細部の縫製仕様から付属のフラッシャー&ギャランティーチケットまで、1976年製のヴィンテージピースが見事に蘇った。もちろん当時と変わらぬアメリカ製だ。

1976年製の501®を手に入れようとすると10万円以上するお宝アイテムが、当時の雰囲気をそのまま再現したモデルが自分のサイズで買えるという点はデニム好きにとって垂涎モノだ。

次ページポール・スミスらしい遊び心
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「生活定点」で振り返る平成
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。