復刻に味出し加工…気になる「デニム」12選

人気ブランドの新作より厳選!

おすすめのデニムを紹介します!(写真 :Bunwit / PIXTA)
男の定番アイテムであるデニムに、今期も人気ブランドから渾身作が出揃った。新たな素材、遊び心のあるディテールなど、進化するデニムの最前線にフォーカス。『MonoMax』編集部が話題のブランドより厳選した、オススメの1本を紹介する。

 創業当時のモデルを再現

リーバイス® ビンテージクロージングの501® 1976(¥30000)
リーバイス® ビンテージクロージングの501® 1976

501®の代表的なヴィンテージモデルを忠実に再現し、素材やシルエット、加工技術を徹底的に追求するエクスクルーシブライン「リーバイス®  ビンテージ クロージング」。

この「501® 1976」は、ビームス創業40周年を記念し、創業当時の1976年にリリースされたリジッドモデルを再現した注目作だ。

コーン・デニム社によるセルビッジ生地、細部の縫製仕様から付属のフラッシャー&ギャランティーチケットまで、1976年製のヴィンテージピースが見事に蘇った。もちろん当時と変わらぬアメリカ製だ。

1976年製の501®を手に入れようとすると10万円以上するお宝アイテムが、当時の雰囲気をそのまま再現したモデルが自分のサイズで買えるという点はデニム好きにとって垂涎モノだ。

次ページポール・スミスらしい遊び心
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 逆境からの人々
  • エネルギーから考えるこれからの暮らし
  • CSR企業総覧
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権大研究<br>行方を占う5つのポイント

歴代最長の7年8カ月に及んだ安倍政権から何が変わるのか。「自助」好き、「経産省内閣」の継承の有無、解散総選挙など5つの観点で読み解きます。エコノミスト17人へ緊急アンケートを実施、経済見通しと課題も浮き彫りに。

東洋経済education×ICT