学生結婚で3児の親に!ある理系夫婦の選択

東大出身カップルが愛情と敬意を注ぐもの

渡仏前は第二子・第三子と一緒にフランス語の自主レッスンを企画し「トイレに行きたいのですが」などの言葉を練習した。渡仏して1年がたった。外国語の学習や異文化での生活には困難もあったが、3人で助け合い、時にケンカもしながら元気に過ごしている。急な生活環境の変化に戸惑いがあっても、その変化を楽しめるのは3人一緒だから、かもしれない。

ここまで来るのは、当然、ラクではなかった。第一子が1歳の時、父親の三宅さんは大学4年生。当時住んでいた埼玉県和光市から大学のある文京区本郷まで、電車に乗って保育園に通った。エレベーターのない駅も多い中「自宅から電車に乗って保育園に子どもを送り、大学に着くまで、電車を5本乗り継ぎました」(三宅さん)。

時はイクメンブームより前。パパ友は「いなかった」し、「ベビーカーに荷物を積んでスリングで子どもを抱いて。大変だから車で……とも思いましたが、今度は渋滞に巻き込まれました」と振り返る。ただ、その口調に愚痴っぽさは感じられず、至って淡々としている。

「夫は口に出さないけれど、ずいぶん頑張ったと思います」と小寺さん。こちらも現在のようにワーキングマザー応援の雰囲気がなかった頃。「家電を活用したり、シッターさんをお願いしたり、できることは何でもしました」。

出産時期によっては、年度途中で保育園を探すこともあった。認可保育園には入れず、大きな出費に苦労した時期もある。家計がきつくなったら「乳飲み子を抱えて家庭教師や塾講師もしました」と小寺さんは振り返る。高い保育料は期間限定。長期的な視点でキャリアを考えれば、苦労は一時的なものと考えた。

夫はどう考えていたのか

夫の三宅博行さん

一方、 学生結婚で3人もの子どもを抱え、さらに妻の海外赴任に伴い一緒にフランスに渡った三宅さん。そのキャリアと生活はどうだったのだろうか。

三宅さんは修士課程で専攻を変え、建築を学んだ。就職活動は2人目の子どもが生まれる日と重なっていたという。

大学卒業後、入社したのは照明デザインの会社。この分野では日本で最も有名な会社のひとつで、有楽町にある東京国際フォーラムなどを手掛けている。三宅さん自身、ミラノ万博・日本館の照明デザインを担当した。

照明デザインという仕事柄、暗くなってからの業務も多い。終電で帰れず、始発で帰宅することも少なくなかったが、保育園の送りを欠かしたことはない。大変だから代わってほしい、とは一度も言わなかったし、妻の小寺さんも代わろうか、とは言わなかった。お互い、好きなことを仕事にすることをあきらめず、また、家庭責任を果たすのも当たり前と考えた。

次ページ夫婦は対等だから、申し訳ないというのは違う
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 中学受験のリアル
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
関西電力がはまり込んだ<br>「原発マネー」の底なし沼

社会を揺るがした関電首脳らの金品受領問題。本誌は関係者による内部告発文や関電の内部調査報告書などで、「持ちつ持たれつ」の関係に迫った。実態解明は第三者調査委員会に委ねられるが、原発推進への自傷行為となったのは間違いない。