ニヤつかずにはいられない、山口晃アート

エルメスさえも魅せられた、独特の世界観

現代版「洛中洛外図」に見える建物

東京を空から見た『Tokio山水(東京圖2012)』も、昔の絵のフォーマットが下敷きになっている。室町時代から江戸時代にかけて制作された「洛中洛外図」だ。京都の街を俯瞰したもので、いろいろなパターンがある。

『Tokio山水(東京圖2012)』
2012年 ©YAMAGUCHI Akira, Courtesy of Mizuma Art Gallery
©Nacása & Partners Inc. Courtesy of Fondation d’entreprise Hermès
東京を空から見た現代の「洛中洛外図」。有楽町駅もあれば、陸軍練兵場、江戸城もあり、時代が入り交じる

いつか現代版「洛中洛外図」を描きたいと思っていた山口さんは、昨年、銀座のメゾンエルメスでの個展を機に、この絵に取り掛かった。

建設中のスカイツリー、八重洲ブックセンター、浅草の並木藪蕎麦などが描かれている一方、皇居にはお城がそびえ、永井肥前守下屋敷や陸軍練兵場も見える。

次ページちょんまげ町人に、女子高生?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • iPhoneの裏技
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
崖っぷちに立つ大塚家具<br>久美子社長ロングインタビュー

父と娘が繰り広げた「お家騒動」の末、業績は悪化の一途。人材流出も止まらない。ファンドからの出資を得たが、運転資金は風前の灯だ。背水の陣を敷く大塚久美子社長の胸中やいかに。4ページのインタビューで、その強固な「信念」が語られる。