富国生命、「自由に内容を決められる」保険

主契約をなくし、保険料のムダをカット

生命保険業界では、必要な保障だけをニーズに合わせて組み合わせる商品が主流になりつつある。

富国生命保険が4月から新たに発売した「未来のとびら」は、「ちょうどいい安心を、あなた自身で作れる保険」がキャッチフレーズ。必ず加入しなければならない主契約をなくしたうえで、必要な保障を特約の形で自由に組み合わせることができるのが特徴だ。

必要な保障を特約の形で組み合わせ

従来の生命保険では、終身保険などの主契約に必ず加入したうえで、定期保険など必要とする特約を上乗せする必要があったが、富国生命が発売した新商品「未来のとびら」ではその必要がない。

主契約という仕組みを設けず、死亡保障(死亡保険金)や介護保障(介護保険金)、傷害保障(重度障害保険金)などの特約をニーズに合わせて取捨選択できるようにしたために、家計の事情に合わせて保険料を抑えることができる。

たとえば、働き盛りの世帯主である場合、定期保険特約や介護保障特約、重度障害保障特約、就業不能保障特約などのラインアップの中から、必要な特約を選ぶことができる。ただし、2つ以上の特約に加入する必要がある。医療保険を求める場合には、「医療大臣プレミア」という名称の保険にも合わせて加入することが必要だ。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 若者のための経済学
  • 本当に強い大学
トレンドライブラリーAD
人気の動画
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
「名岐アパレル」で連鎖倒産、産地の厳しい現実
「名岐アパレル」で連鎖倒産、産地の厳しい現実
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
サプライズと配当成長株で勝つ<br>株の道場 成長先取り編

菅首相の退陣決定を受け、東証株価指数が31年ぶりの高値へ急騰。日経平均株価も3万円を超えました。本特集では9月17日発売の『会社四季報』秋号を先取りし、上方修正期待の大きいサプライズ銘柄を抽出。株価上昇を享受する方法を会得しましょう。

東洋経済education×ICT