富国生命、「自由に内容を決められる」保険 主契約をなくし、保険料のムダをカット

印刷
A
A

生命保険業界では、必要な保障だけをニーズに合わせて組み合わせる商品が主流になりつつある。

富国生命保険が4月から新たに発売した「未来のとびら」は、「ちょうどいい安心を、あなた自身で作れる保険」がキャッチフレーズ。必ず加入しなければならない主契約をなくしたうえで、必要な保障を特約の形で自由に組み合わせることができるのが特徴だ。

必要な保障を特約の形で組み合わせ

従来の生命保険では、終身保険などの主契約に必ず加入したうえで、定期保険など必要とする特約を上乗せする必要があったが、富国生命が発売した新商品「未来のとびら」ではその必要がない。

主契約という仕組みを設けず、死亡保障(死亡保険金)や介護保障(介護保険金)、傷害保障(重度障害保険金)などの特約をニーズに合わせて取捨選択できるようにしたために、家計の事情に合わせて保険料を抑えることができる。

たとえば、働き盛りの世帯主である場合、定期保険特約や介護保障特約、重度障害保障特約、就業不能保障特約などのラインアップの中から、必要な特約を選ぶことができる。ただし、2つ以上の特約に加入する必要がある。医療保険を求める場合には、「医療大臣プレミア」という名称の保険にも合わせて加入することが必要だ。

関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
AGCが総合職の月給3万円アップに踏み切る舞台裏
AGCが総合職の月給3万円アップに踏み切る舞台裏
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT