富国生命、「自由に内容を決められる」保険

主契約をなくし、保険料のムダをカット

生命保険業界では、必要な保障だけをニーズに合わせて組み合わせる商品が主流になりつつある。

富国生命保険が4月から新たに発売した「未来のとびら」は、「ちょうどいい安心を、あなた自身で作れる保険」がキャッチフレーズ。必ず加入しなければならない主契約をなくしたうえで、必要な保障を特約の形で自由に組み合わせることができるのが特徴だ。

必要な保障を特約の形で組み合わせ

従来の生命保険では、終身保険などの主契約に必ず加入したうえで、定期保険など必要とする特約を上乗せする必要があったが、富国生命が発売した新商品「未来のとびら」ではその必要がない。

主契約という仕組みを設けず、死亡保障(死亡保険金)や介護保障(介護保険金)、傷害保障(重度障害保険金)などの特約をニーズに合わせて取捨選択できるようにしたために、家計の事情に合わせて保険料を抑えることができる。

たとえば、働き盛りの世帯主である場合、定期保険特約や介護保障特約、重度障害保障特約、就業不能保障特約などのラインアップの中から、必要な特約を選ぶことができる。ただし、2つ以上の特約に加入する必要がある。医療保険を求める場合には、「医療大臣プレミア」という名称の保険にも合わせて加入することが必要だ。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 本当に強い大学
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。