富国生命、「自由に内容を決められる」保険

主契約をなくし、保険料のムダをカット

死亡時に受け取れる定期保険特約が3000万円、介護保障特約(有期型)1000万円、医療保険の入院日額6000円などの条件を設定した場合、35歳の男性で1カ月の保険料は1万8000円弱にとどまる。

保障内容を自由に組み合わせる保険は他社からも

また、「未来のとびら」では、60歳以上の人でも新たに加入できるプランを導入。介護保障や終身保障を組み合わせるなど、中高年層の根強いニーズに対応できるようにした。

ここ数年、生命保険業界では、保障内容を自由に組み合わせることができる商品が相次いで登場。太陽生命保険や日本生命保険は主契約を単品化したうえで自由に組み合わせることができる新商品を投入して契約件数を伸ばしている。

富国生命の「未来のとびら」は特約の組み合わせという点で仕組みは多少違うものの、保障内容のわかりやすさを特徴とする点で共通している。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
  • フランスから日本を語る
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT