富国生命、「自由に内容を決められる」保険

主契約をなくし、保険料のムダをカット

死亡時に受け取れる定期保険特約が3000万円、介護保障特約(有期型)1000万円、医療保険の入院日額6000円などの条件を設定した場合、35歳の男性で1カ月の保険料は1万8000円弱にとどまる。

保障内容を自由に組み合わせる保険は他社からも

また、「未来のとびら」では、60歳以上の人でも新たに加入できるプランを導入。介護保障や終身保障を組み合わせるなど、中高年層の根強いニーズに対応できるようにした。

ここ数年、生命保険業界では、保障内容を自由に組み合わせることができる商品が相次いで登場。太陽生命保険や日本生命保険は主契約を単品化したうえで自由に組み合わせることができる新商品を投入して契約件数を伸ばしている。

富国生命の「未来のとびら」は特約の組み合わせという点で仕組みは多少違うものの、保障内容のわかりやすさを特徴とする点で共通している。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 令和を生きる若者のための問題解決法講座
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
“臭いものに蓋”で終わるのか<br>JDI「不正会計」の晴れぬ闇

ジャパンディスプレイが不正会計について、第三者委員会調査報告書を公表しました。しかしその内容は有識者8人のうち7人がF(不合格)の格付けをするほどの低評価です。自殺した社員に責任を押し付ける報告書の詳細をリポートしました。