東京海上の「超保険」が売れに売れる理由

被災地や地震リスクが高い地域で、抜群の実績

「超保険」は被災地や地震リスクの大きい地域でダントツの売れ行き

東日本大震災で大きな被害を受けた宮城、岩手、福島の3県で、傑出した売れ行きを示している保険商品がある。

東京海上日動火災保険と、東京海上日動あんしん生命保険が共同開発した生命保険・損害保険一体型商品の「超保険」がそれだ。

東北3県が「販売実績トップ6」に顔をそろえる

2012年度上半期の販売実績では、被災3県が、全国47都道府県中でトップ6に顔をそろえた(東京海上グループが、前年同期比伸び率や個人契約に占める超保険の割合などを元に算出)。上位6県の中には、南海トラフ地震で深刻な被害が予想されている高知県も食い込むなど、地震リスクが大きい地域でとりわけ高い人気を博している。

次ページなぜ売れているのか
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • おとなたちには、わからない
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
省電力・広域通信“0G”の衝撃<br>IoT化の隠れた主役LPWA

低速ながら電池で数年動くほどの省電力で、基地局から10km以上もの広域通信が可能。 LPWAという通信方式は超高速の5Gとは対極で、関係者に「0G(ゼロジー)」と呼ばれています。検針やモニタリングなど静かな普及の現場を取材しました。