東京海上の「超保険」が売れに売れる理由

被災地や地震リスクが高い地域で、抜群の実績

「超保険」は被災地や地震リスクの大きい地域でダントツの売れ行き

東日本大震災で大きな被害を受けた宮城、岩手、福島の3県で、傑出した売れ行きを示している保険商品がある。

東京海上日動火災保険と、東京海上日動あんしん生命保険が共同開発した生命保険・損害保険一体型商品の「超保険」がそれだ。

東北3県が「販売実績トップ6」に顔をそろえる

2012年度上半期の販売実績では、被災3県が、全国47都道府県中でトップ6に顔をそろえた(東京海上グループが、前年同期比伸び率や個人契約に占める超保険の割合などを元に算出)。上位6県の中には、南海トラフ地震で深刻な被害が予想されている高知県も食い込むなど、地震リスクが大きい地域でとりわけ高い人気を博している。

次ページなぜ売れているのか
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 財新
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT