東京海上の「超保険」が売れに売れる理由

被災地や地震リスクが高い地域で、抜群の実績

「超保険」は被災地や地震リスクの大きい地域でダントツの売れ行き

東日本大震災で大きな被害を受けた宮城、岩手、福島の3県で、傑出した売れ行きを示している保険商品がある。

東京海上日動火災保険と、東京海上日動あんしん生命保険が共同開発した生命保険・損害保険一体型商品の「超保険」がそれだ。

東北3県が「販売実績トップ6」に顔をそろえる

2012年度上半期の販売実績では、被災3県が、全国47都道府県中でトップ6に顔をそろえた(東京海上グループが、前年同期比伸び率や個人契約に占める超保険の割合などを元に算出)。上位6県の中には、南海トラフ地震で深刻な被害が予想されている高知県も食い込むなど、地震リスクが大きい地域でとりわけ高い人気を博している。

次ページなぜ売れているのか
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 逆境からの人々
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
人気の動画
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
実家が迷惑施設化「7戸に1戸空き家」日本の大問題
実家が迷惑施設化「7戸に1戸空き家」日本の大問題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT