東京海上の「超保険」が売れに売れる理由

被災地や地震リスクが高い地域で、抜群の実績

「謹んで地震・津波被害のお見舞いを申し上げます」

「ご契約者の皆様への早急な対応を図るべく、仮事務所を開設しました。皆様への対応を迅速に行うべく復旧の第一歩を踏み出しました」

森社長の顔写真付きの見舞い広告が地元紙の1面に掲載されたのは11年3月27日。その反響は大きかった。

東京海上グループからの応援も受けて、震災から3カ月後の11年6月には被災を免れていた蔵を改装して、仮の本社にした。

「生き抜くための保険」の普及活動

以前は顧客の自宅に出向いて保険の説明をすることが多かったが、震災で多くの人が自宅を失ったことから、現在はサラウンドのスピーカーや大画面スクリーンを据えた蔵の2階で、顧客に向き合うことが多くなった。

「ソファーに座り、コーヒーを飲んでいただきながら、3~4時間かけてご家族の皆さんと一緒にじっくりと保険のあり方を考えていく。こうしたことができるのは超保険しかない」

自らも被災者として顧客と境遇を共にすることで、「生き抜くための保険」を普及させるための森社長の活動には一段と熱が入っている。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和を生きる若者のための問題解決法講座
  • 精神医療を問う
  • 読んでナットク経済学「キホンのき」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
台湾と中国のデジタルは違う<br>唐鳳・台湾デジタル大臣に聞く

台湾を代表する天才プログラマーの名声を得て15歳で起業した唐鳳氏。「デジタル民主主義」「開かれた政府」を体現した38歳の若き大臣が、これまでの実績、日本や中国との比較、IT教育やITの未来などについて胸の内を語りました。