住友生命が主力商品の保険料を値下げへ

4月の予定利率引き下げ時に攻勢狙う

住友生命保険は4月2日以降に新たに契約する保険商品の一部について、保険料を値下げすると発表した。20~30代の若年層などを主な対象に、主力商品の保険料を引き下げるのが柱となる。4月2日以降の保険料の算定根拠となる予定利率の改定方針を2月12日付けで発表した際に明らかにした。

予定利率は保険会社が商品設計の際に用いる運用利回りのことで、予定利率が下がると保険料は上がるケースが多い。だが、今回、住友生命は主力商品である「Wステージ」(5年ごと利差配当付き新終身保険)や「ライブワン」(最低保証利率付き3年ごと利率変動型積立保険)に4月2日以降に新たに加入する場合に、保険料が従来より安いケースを設定する。

終身保険部分が多いと値上げも

最主力商品のWステージでは、たとえば契約年齢が30歳の男性で一定金額の医療や介護保障の特約を付けるなどの条件を満たした場合に、保険料を従来より値下げする。ライブワンに一定の条件で30歳の女性が加入した場合にも値下げとなる。一方で、保険契約に占める終身保険部分が多い場合には値上げになる。

住友生命では「介護や医療保障に関する支払い実績が想定より低く推移していることを踏まえて値下げの原資にした。新規契約者の約5割強で保険料が下がる」としている。

Wステージの2012年度上期の新契約件数は約13万件、ライブワンは6万件強。住友生命ではこれら2つの商品で、個人保険の年間新契約件数の4割以上を占めている。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • CSR企業総覧
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
漂流する東芝<br>舵取りなき12万人の悲運

再出発したはずの東芝の漂流が止まりません。再建請負人の車谷暢昭社長が電撃辞任。緊張感が増すファンドとの攻防や成長戦略の構築など課題は山積しています。従業員12万人を超える巨艦企業はどこに向かうのでしょうか。

東洋経済education×ICT