いよいよ「海外就職」の時代がやってくる

アジアで続々と生まれる、新しい仕事

若手こそ海外で仕事を探す、という逆転現象

このように、日本企業のグローバル化に伴い、海外で働く、海外とかかわる仕事が急速に増えています。

アジアで多くの新しいポジションが生まれてきている一方で、それらを埋める人材が圧倒的に足りません。そのため、企業は、採用の対象を日本人に限らずに、現地採用にシフトしています。これが意味するのは、日本企業に入社し、日本人であったとしても、日本で働くという前提は崩れていくということです。

日本企業はダメだと言われつつも、これからも業績を伸ばして生き残っていく日本企業はたくさん出てくるでしょう。しかし、それらの企業は、日本国内で業績を伸ばすのではなく、おそらくアジアで業績を伸ばしていくのだと思います。

そして、雇用も、アジアで創出される。つまり、それら業績絶好調の企業に就職した場合、下手をすると、最初に働く場所がアジアということになるのです。

その結果、新卒の就職のかたちも変わるかもしれません。国内の飽和している拠点に新人が入り込む余地がありませんから、むしろ新卒や若手こそ、海外の拠点で仕事を探すという、逆転現象が起こる可能性があるのです。

最初に海外で経験を積み、実績を上げた若い人が、日本の本社に登用される。日本国内で働くためには、海外で実績を上げる必要がある、という逆の発想の時代がやってくるかもしれません。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • iPhoneの裏技
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT