クラウドは電気・ガス・水道と同じになる

オラクルのエリソンCEOが語るITの未来

ライバルへの対抗策

――クラウドの世界ではアマゾンの存在感が増していますが、どう差別化し、どう戦いますか。

まず、アマゾンはインフラ(IaaS)しか提供してない。一方、オラクルは、企業向けのアプリケーションソフトウエア(SaaS)では、いちばん豊富なものを提供している。セールス、マーケティング、財務、サプライチェーンなど、ひととおりそろっている。

さらに、オラクルではプラットフォームとして、世界で最も人気を博しているものが使われていることが挙げられる。JAVAをはじめ、ウェブロジック・アプリケーションサーバー、それからオラクルのデータベースといった具合だ。

もうひとつの差別化につながっているのが、高い品質ということだ。これはプライベートであろうが、パブリックであろうが、パフォーマンス的にも、信頼性の側面からも、それから強固なセキュリティという視点からも、すべて最高品質のものを提供している。

実はオラクルはアマゾンがこの業界に参入するはるか前から、クラウドビジョンというものを描いており、アマゾンの動きはまったく関係なかった。あくまでも、われわれが目指したのは、エンタープライズ級のクラウドでアプリケーションを提供する、展開する際には最善のものを皆さんに提供する、というビジョンを守り抜くことだった。

すでにオラクルのエンタープライズユーザーは世界で2500万人いる。先日、日本でもデータセンターを開設したので、おそらく、ここ日本でも、市場のニーズは加速化すると思う。データセンター開設前から、グローバルに展開する、自前ではサーバーを持たない日本の新興企業には、われわれのサービスを享受してもらっていた。今回の日本でのデータセンター開設により、さらに市場の窓口を広げることになるはずだ。

――それでは、セールスフォース・ドットコムに対する攻略法は?

セールスフォースはひとつのかなり特化した市場向けに事業展開している。それは何かというと、セールスフォース・オートメーション(IT技術を用いた営業支援システム)だ。一方、オラクルでは各種のかなり広範囲の企業向けアプリケーションを提供しており、それぞれ組み合わせて使える環境を用意している。

実はある特定分野のみに特化したクラウドベンダーのサービスのユーザーが、今後、何か拡張したいと考えたときには、もう一度、複雑な作業を経なければいけない。そういうリスクを抱えている。独自の技術が採用されているクラウドサービスでは、そう簡単にアプリケーションを移行したり、データを動かしたりということもできない。

さらに大きな差別化のポイントとしては、セールスフォースはプライベートクラウドでは実装できないの対し、われわれはパブリックだけでも、プライベートだけでもよいし、パブリックとプライベートを混在させて使うこともできる。

すでに楽天をはじめ、われわれのクラウドサービスを使う企業が増えている。おそらく、今後も増えていくものと思われる。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 不安な時代、不機嫌な人々
  • コロナ後を生き抜く
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 西村直人の乗り物見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
おうちで稼ぐ、投資する!<br>在宅仕事図鑑

コロナ禍の下、世代を問わず広がったのが「在宅で稼ぐ」ニーズ。ちまたにはどんな在宅仕事があり、どれくらい稼げるのか。パソコンを使った「デジタル小商い」と「投資」に分け、誰にでもできるノウハウに落とし込んで紹介します。

東洋経済education×ICT