クラウドは電気・ガス・水道と同じになる

オラクルのエリソンCEOが語るITの未来

オラクル副社長が語るクラウド戦略

このイベントのために来日した米オラクルのクラウド担当幹部が、東洋経済の個別取材に応じた。以下は、そのロバート・シンプ副社長に対するインタビューの内容だ。

オラクルコーポレーションのロバート・シンプ副社長、オラクルクラウドの強みを語った

――企業内にサーバーを置いて構築する“プライベートクラウド”と、外部のサーバーなどデータセンターを使って構築する“パブリッククラウド”の両方を、オラクルが攻める意味は。

ひとつには、お客様が選択肢を望んでいることに着眼した。ほかのクラウドベンダーはそういった選択肢を与えていないのが現状だ。そこで、われわれとしては、とにかく選択肢を提供したいと考えた。

たとえば、企業内でデータを構築したいということであれば、もちろん対応できる。逆に運用コストをなるべく抑えてクラウドを使いたいという場合には、パブリックをお使いいただける。そういう意味合いで2つ用意している。

――ニーズがあったのか?

世界中でいろいろなクラウドがあるが、データが組み込まれている割合をみると、プライベートクラウドのほうが多い。ただ、それでもパブリッククラウドのユーザーも急ピッチで増えているので、やはり選択肢を設ける必要があるといえる。どこにデータを置きたいのか、あるいは、どこからデータを実装したいのかは、あくまでも顧客が選ぶべきだ。

実際、われわれもヒアリング調査をした結果、状況に応じて、場所に応じて使いたいということがわかった。そこで両方が必要だという判断となった。

次ページアマゾンなどへの対抗策は?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT