「この人ムリ!」と思われる婚活NGワード3選

その一言が全てを台無しにする

以下に代表的な婚活でのNGワードを挙げてみましょう。

①「結婚してもおカネは趣味など、自由に使いたい」

男性にとって結婚は“自由を縛られるもの”というイメージがあるのでしょう。「結婚は人生の墓場」なんていう言葉もあります。(本来の意味は真逆なのですが……)

たしかに、独身のころに比べてしまえば我慢しなければならないことも増えるかもしれません。しかし、それを上回るメリット、幸せがあると思うからこそ婚活をしているのではないでしょうか。今までどおりの自由は確保し、結婚のいいところだけを享受したいというのは、ムシのいい話です。

たしかに「趣味嗜好を取り上げられたくない」という気持ちはわかります。事前に了承を得ておかなければ、釘を刺しておかなければ、という気持ちからこの言葉を言ってしまうのでしょうが、これは女性には「俺は結婚しても自分のやり方をかたくなに変えない」という意味にとらえられます。

特に、趣味の中でも「ツーリングだけはどうしても結婚後も楽しみたい」など、二輪は女性受けがバツグンに悪いです。

2人でドライブを楽しめる車ならまだましですが、相手不在の趣味を続けたいということを前面に出されると、女性は「この人といても苦労する」と引いてしまうのです。

たとえば、旅行や山登り、グルメなど、2人で楽しめる共通の趣味を見つけられるといいですね。一人の趣味は家庭に支障のない範囲で続けていたければと思います。

人生を変えてしまうほどの破壊力のある言葉

②「結婚したいかどうかわからなくなっちゃった」

結婚相談所的には絶対に言ってほしくない言葉、それが「結婚したいかどうかわからなくなっちゃった」。

婚活を進める中で、「この人は結婚相手には向かないんじゃないか?」と感じることは、男女にかかわらずあると思います。男性側としては相手を傷つけないように、穏便に離れたいため、「あなたはNG!」と言わずに、「結婚する気がなくなってきたから、あなたと会うのもやめよう」というニュアンスを込めて上記の言葉を使うのでしょう。しかし、この気遣いは女性にとっては逆効果です。

次ページこの言葉を言われると…
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT