リオパラ大会で自転車選手がレース中に死亡

競技中に選手が死亡するのは1960年以来初

 9月18日、国際パラリンピック委員会(IPC)は、リオデジャネイロ・パラリンピックの自転車男子個人ロードレース(運動機能障害C4、5)で、イランのバハマン・ゴルバルネジャド選手がレース中の事故で死亡したと発表した。写真はゴルバルネジャド選手の遺影を手にするシッティングバレーボールのイラン選手(2016年 ロイター/Ueslei Marcelino)

[18日 ロイター] - 国際パラリンピック委員会(IPC)は、リオデジャネイロ・パラリンピックの自転車男子個人ロードレース(運動機能障害C4、5)で、イランのバハマン・ゴルバルネジャド選手(48)がレース中の事故で死亡したと発表した。

IPCによると、競技中に選手が死亡するのは同大会が始まった1960年以来、初めてのこと。

2002年に同競技を始めたゴルバルネジャド選手は、2012年ロンドン大会に続き2回目の出場だった。心肺停止の状態で救急車で病院に運ばれたが、到着直後に死亡したという。

事故の調査はすでに開始されている。選手村などではイラン国旗とパラリンピック旗の半旗が掲げられる。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 今見るべきネット配信番組
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT