リオパラ大会で自転車選手がレース中に死亡

競技中に選手が死亡するのは1960年以来初

 9月18日、国際パラリンピック委員会(IPC)は、リオデジャネイロ・パラリンピックの自転車男子個人ロードレース(運動機能障害C4、5)で、イランのバハマン・ゴルバルネジャド選手がレース中の事故で死亡したと発表した。写真はゴルバルネジャド選手の遺影を手にするシッティングバレーボールのイラン選手(2016年 ロイター/Ueslei Marcelino)

[18日 ロイター] - 国際パラリンピック委員会(IPC)は、リオデジャネイロ・パラリンピックの自転車男子個人ロードレース(運動機能障害C4、5)で、イランのバハマン・ゴルバルネジャド選手(48)がレース中の事故で死亡したと発表した。

IPCによると、競技中に選手が死亡するのは同大会が始まった1960年以来、初めてのこと。

2002年に同競技を始めたゴルバルネジャド選手は、2012年ロンドン大会に続き2回目の出場だった。心肺停止の状態で救急車で病院に運ばれたが、到着直後に死亡したという。

事故の調査はすでに開始されている。選手村などではイラン国旗とパラリンピック旗の半旗が掲げられる。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT