リオパラ大会で自転車選手がレース中に死亡

競技中に選手が死亡するのは1960年以来初

 9月18日、国際パラリンピック委員会(IPC)は、リオデジャネイロ・パラリンピックの自転車男子個人ロードレース(運動機能障害C4、5)で、イランのバハマン・ゴルバルネジャド選手がレース中の事故で死亡したと発表した。写真はゴルバルネジャド選手の遺影を手にするシッティングバレーボールのイラン選手(2016年 ロイター/Ueslei Marcelino)

[18日 ロイター] - 国際パラリンピック委員会(IPC)は、リオデジャネイロ・パラリンピックの自転車男子個人ロードレース(運動機能障害C4、5)で、イランのバハマン・ゴルバルネジャド選手(48)がレース中の事故で死亡したと発表した。

IPCによると、競技中に選手が死亡するのは同大会が始まった1960年以来、初めてのこと。

2002年に同競技を始めたゴルバルネジャド選手は、2012年ロンドン大会に続き2回目の出場だった。心肺停止の状態で救急車で病院に運ばれたが、到着直後に死亡したという。

事故の調査はすでに開始されている。選手村などではイラン国旗とパラリンピック旗の半旗が掲げられる。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 今さら聞けない競馬のキホン
  • 鉄道漫遊記
  • 礒部公一のプロ野球徹底解説!
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日産 危機の全貌<br>ゴーン追放 修羅場が迫る

19年間トップに君臨したカルロス・ゴーン氏が失脚。逮捕、そして解任という前代未聞の事態は実は序章にすぎない。カリスマの追放で日産自動車はこれからどうなるのか。日産に渦巻く危機の全貌を探る。