民進代表選、蓮舫氏は本当に「圧勝」したのか

「タイタニック号に乗ってしまった」との声も

民進党の新代表に選ばれた蓮舫氏(写真:ロイター/アフロ)

9月15日に民進党代表選が行われ、新代表に蓮舫前代表代行が選出された。蓮舫氏は国会議員の80票(160ポイント)と公認予定候補者の50票(50ポイント)を含め、849ポイント中の503ポイントを獲得。230ポイントの前原誠司元外相と116ポイントの玉木雄一郎国対副委員長を抑え、余裕の勝利だった。

だがその内容は、堅固なものとはいえるのか。

低かった党員・サポーターの投票率

23万5211票ある党員・サポーター票のうち、投票したのは9万6181票で、投票率はわずか40.89%(岡田克也氏が選ばれた2015年1月の代表選での投票率は46.21%)。最低は沖縄県の20.32%で、蓮舫氏の地元である東京都ですら、39.31%にすぎなかった。蓮舫氏は国会議員票の54%を得たものの、獲得した党員・サポーター票は5万9539票で、17万人以上がその投票用紙に「蓮舫」と書かなかったのだ。

代表選の前に開催された常任幹事会でも、異変は起きている。常任幹事会のメンバーたる常任幹事で、9月14日に「蓮舫代表代行の国籍問題について」を岡田克也代表(当時)と枝野幸男幹事長(当時)宛てに提出した篠原孝元農水副大臣が「民進党の危機ではないか。このまま進んでいいのか」と危惧を述べ、松原仁元国家公安委員長らも次々と代表選開催について疑念を表明したのである。

次ページ代表選挙管理委員会で話し合われたのは?
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
  • 忘れえぬ「食い物の恨み」の話
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT