円を売って、ユーロを買う選択肢は「あり」

キプロス問題をきっかけに、改めて欧州の将来を考える

藤野 こうした犠牲を生んだ過去の対立を乗り越える必要がある。そのためにも、国境を越えて何らかの統合を目指すべき。そんなところにユーロがあるんだと思います。だから、これは極めて理想主義的な考え方ではないでしょうか。

中野 ちょっと昔話を。

渋澤 どうぞ。

中野 まだユーロが誕生する前、私は「ユーロなんて、できるわけないじゃん」と思っていたわけですよ。そんな話を当時、ドイツの銀行にいた友人に話したら、こう言うんです。あ、ちなみにその友人はドイツ人ね。で、何と言ったのかというと、「ユーロは絶対に統一される。それは欧州人の米国覇権に対するプライドなんだ」。

実際、ドイツは当時、世界最強通貨と言われたマルクを捨てて、ユーロ統合に参加したわけですよね。ユーロという通貨は、寄合所帯のようなものだから、そこには経済的にドイツよりも弱い国が入っているわけです。つまりドイツにとってユーロに参加するということは、わざわざ自国通貨を弱体化させるようなものですが、それでも彼らはユーロに参加した。その心意気を考えると、たとえ理想主義と言われようとも、ユーロ大共和国への道を着実に歩んでいくのではないか、というのが私の見方です。

渋澤  う~ん、どうかなあ。中野さんが言う「ユーロ大共和国」というのは、おそらく財政の統合も含めての考え方だよね。

中野 ユーロ共同債の発行は、その第一歩だと考えています。

次ページユーロの限界
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 岐路に立つ日本の財政
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT