円を売って、ユーロを買う選択肢は「あり」

キプロス問題をきっかけに、改めて欧州の将来を考える

ユーロのごたごたは、日本の財政問題よりまだマシ

藤野 キプロス問題について言えば、同じ問題を抱えている国は、ほかにもあります。ルクセンブルグやバチカン市国といった小国は、国としてのガバナンス自体がうまく機能していない懸念がある。おそらく、この手の小国でのゴタゴタは、今後も続くんだと思います。最終的には政治統合を果たすまで、この手の問題はつねに浮上して、ユーロを攪乱するリスクがあります。ただ、そうはいっても、ユーロに対する強い理想はあるので、問題が浮上しては、何となく収束するということを繰り返すのでしょう。確か、中野さんのところで運用しているファンドは、ユーロの投資比率を高めていましたよね。

中野 私自身、ユーロについてはポジティブな見方をしていますから、ユーロ危機以降、「セゾン資産形成ファンド」で、ユーロへの投資比率を高めてきました。それが今のパフォーマンスにつながっています。

藤野 確かに、中野さんの場合は言行一致ですね(笑)。私は、ユーロという通貨に対する興味はないのですが、企業ベースで見ると、魅力的な会社はたくさんある。たとえばイタリアを見ると、ファミリー経営の下、しっかりしたガバナンスを維持して、かつブランドバリューの高い会社がいくつもあります。この手の企業は投資価値があると考えていますが、実際に自分がユーロに投資するファンドを立ち上げて運用するかと言われると、それはない。なぜなら、日本企業に比べると「よくわからない」部分があるから。また日本企業に投資する場合も、ユーロ経済圏でのゴタゴタはまだ続くとすると、やはりユーロ経済圏の売上比率が高い企業への投資は避けたいところです。

渋澤 投資対象として見た場合か……。ユーロ、いいんじゃない。

中野藤野 え~っ? あれだけ、「ユーロはダメ」みたいな言い方をしておいて(笑)。

渋澤 いや、確かにユーロはゴタゴタがまだ続きそうだけどさ、日本の財政問題などに比べれば、まだマシでしょ。だから、円を売ってユーロを買うという選択肢はありだと思います。

中野藤野 なるほど~。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 岐路に立つ日本の財政
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT