円を売って、ユーロを買う選択肢は「あり」

キプロス問題をきっかけに、改めて欧州の将来を考える

ユーロ体制は簡単には崩壊しない

中野私は、少なくともドイツがユーロを見捨てるようなことはしないと思いますよ。もし、ドイツがユーロを見限ったら、それこそほかの欧州諸国、あるいは全世界から、「ドイツは自分のところさえよければ、それでいいのか」という批判を浴びることになります。ドイツに対する信頼感を失うことになりますよ。それって、グローバルな相互依存関係が強まっている昨今の国際情勢から考えると、ドイツにとって非常によろしくない。だから、私はユーロ体制の崩壊はありえないと考えています。ちょっと楽観的かな?

渋澤 いや、僕もユーロ体制そのものは、そう簡単に崩壊しないと思っているよ。ただ、おそらくユーロの参加基準を満たせない国は、どんどん脱落していくでしょう。なので、最終的に残った国によって、強いユーロが新たに創られると思う。

中野 それは同じ意見ですね。何が何でもユーロにとどまらなければならないというものではなく、参加基準を満たせないような場合は、一時的にユーロから離脱できるという選択肢があったほうがいいでしょう。

藤野 あとは、財政統合まで持っていけるかどうかということですね。これは正直、非常にハードルが高い。本当に、戦争でも起こって、すべてが滅茶苦茶な状態になって初めて、「それじゃ、財政統合と政治統合を検討しましょうか」、ということになるんじゃないかな。
渋澤 同意。

中野 ただ今回、キプロス問題が浮上したけれども、この手の問題に対する抵抗力は、ある程度、できていると思います。ユーロ加盟国が財政危機に陥ったとき、金融支援を行うESM(欧州安定メカニズム)や、欧州中央銀行が南欧諸国の国債を直接買い入れるOMTなど、流動性を確保するセーフティネットが構築されていますから、それらに対する信認があるかぎり、ユーロ危機の再燃は防げるでしょう。

渋澤 ただ、構造的な問題はなかなか解決しない。特に欧州は福祉国家だから、各国とも財政負担が重くなる。これは日本も同じだよね。結局、財政問題を解決するには、福祉予算を削らなければならない。それは非常に難しいことだと思うけど、政治的にそれを解決する可能性を模索する必要があるよね。ESMやOMTは、確かにマーケットの安定につながってはいるけれども、いずれも一時しのぎにすぎない。だから、この手のセーフティネットに対してマーケットの信認が維持されているうちに、福祉予算をどうするのかという大きな課題に取り組む必要がある。

次ページ円を売って、ユーロを買う選択肢
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 岐路に立つ日本の財政
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT