がさつ力を磨き上げれば「負け犬」にならない

会社が辛い?辛くたって逃げたらあかんで

今の若い子たちはメンタルが弱くなっているってよく聞きます。今の若い子は会社に入って数カ月で「思ったとおりじゃなかった」と言って辞めてしまう話。不満を言うことなく静かに辞めていく。

これって若い子の問題じゃなくて、実は年配の人の問題だと思う。こんな話がありました。技術畑一筋のサラリーマンが会社の合併で技術畑から営業へ行くように言われた。その途端に会社を辞めて、職人になるっていう話です。これが美談のように語られていることに、ものすごい違和感があった。これって結局逃げてるんですよ。技術畑でずっと開発ばっかり20年、30年やらせてもらった。なのに、「営業なんてやってもしんどいから辞める」って、何を考えているんですか。

「がさつ力が高くてスミマセン」

『がさつ力』には、ビジネスにも使える「千原せいじ流コミュニケーション」の極意が書かれている(上の書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします)

ええおっさんが「思ったとおりの仕事できへんから辞める」って言い出す。これは俺に言わせれば単にメンタルが弱いだけ。美談でもなんでもない。ただの負け犬じゃないですか。サラリーマンなんやから、思い通りにならないこともありますやん。辞めてまったく別のことをするっていうのは、ただ単に逃げているだけ。やっぱりこの人は大失敗していましたわ。

こういうストレスに弱い親に育てられている子どもたちが多いのが今の日本。「辛かったら逃げたらいいよ」って平気で言う。「がんばっていることを理解してくれないなら、そんな会社なんて辞めればいい」みたいなことを平気で言う人が多いじゃないですか。いったい会社に何を求めているのかって話ですよ。

会社が何かをしてくれるわけじゃない。そこで何をやるのか、何を貢献したのか、という結果が大事なのに、完全に勘違いしている。

じゃあ、どうすればいいのか。まず理不尽だと思ったら文句を言った方がいい。不満を言うのはカッコ悪いんじゃないか、なんて気にする必要ない。誰も、あんたがカッコいいか、カッコ悪いか、ひとつも興味ありません。もちろん言わずに耐えられるやつもおる。それはそれで生き方としてあるけど、いずれパンクする。文句を言って「がさつ力が高くてスミマセン」って言っておけばよろしい。

俺なんか「理不尽そう」ぐらいですぐ文句言うもん。理不尽やから言うじゃなくて、「これちょっと理不尽そうやな」「ひょっとして理不尽な話じゃないの?」と思った時点で言う。そっちのほうがええやん、気楽で。理不尽そう、というレベルで言っておけば、それ以上の無理なこと、言うてけえへん。

思っていることを言わずに逃げてしまったら、ずっと逃げ続けることになる。それがいちばんあかんことだと思うんですよ。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 地方創生のリアル
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
正規と非正規「格差訴訟」<br>判断が分かれた最高裁判決

非正規労働者が年末年始の待遇や病気休暇などについて正社員との格差是正を訴え、最高裁は格差は不合理で違法とする判決を出しました。一方で賞与や退職金についての格差是正はほぼ全面的に退ける判決も。非正規労働者の待遇は改善するのでしょうか。

東洋経済education×ICT