がさつ力を磨き上げれば「負け犬」にならない

会社が辛い?辛くたって逃げたらあかんで

「海外のツアーで日本人ゴルファーがイップスになるのをみると、アホちゃうかと思うんですよ」(撮影:梅谷秀司)
よしもとが生み出した"文豪"、又吉直樹。後輩芸人に負けじと千原せいじが書きおろしたのが『がさつ力』だ。前回記事を契機に売れ行きに火が付き、増刷も掛かった。今回記事では、千原せいじが軟弱なビジネスパーソンにカツを入れる。

 

元阪神タイガースの22番の田淵幸一さんにある球場の選手食堂で会うたんですわ。僕がアフリカに行って、誰にでも図々しく話し掛けているテレビ番組を見てくれていて、田淵さんは「あの感じで行けたら、すごくいいプレイヤーになっていたぞ」と言うんです。あの精神力さえあれば、あとは投げれて、バットを振れて走れれば、最強のプレイヤーだと(笑)。

今の選手ってメンタル面で弱い人、すぐ潰れてしまう人が多い。対戦相手が外国人というだけで思い通りのプレイができなくなる。言葉が通じない、食べ物が違う、という環境変化のストレスに弱い。

日本人選手は、なぜか外国人選手の前に出ると委縮しちゃう。もちろん、そうではない人もいる。今回のリオ五輪では体操も立派だったし、陸上も立派でした。年齢に関係なく、やれるやつはやれる。どういうふうにメンタル面のコーチングを受けたのか詳しくは知らないですけど、相当いいコーチングを受けたんでしょうね。

命がけでやったらメンタルを病んだりしない

でもね、そういうスゴイ選手は少ない。海外のツアーで日本人ゴルファーがイップスになるのをみると、アホちゃうかと思うんですよ。あんなもんカップ外したって、死なへんし。賞金をもらえなかったら家賃を払えへんとか、子どもの学費を払えへん、とかその程度のこと。何をそんなに山ほど考えるのか、よう分からん。「そりゃ命がけでやっているからでしょ」って言う人がいますけど、命がけでやっていたら、そもそもそんなことでメンタルを病んだりしない。命かけてないやつの言い訳ですやん。

これってビジネスの世界でも、同じだと思うんですよ。

次ページ若い子は、なぜ会社をすぐに辞めるのか
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • あの日のジョブズは
  • 就職四季報プラスワン
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権が誕生しても<br>「安倍時代」は終わらない

牧原出氏執筆の連載「フォーカス政治」。9月16日に菅新首相が誕生しましたが、施策の基本線は「安倍政権の継承」。惜しまれるように退任し、党内無比の外交経験を持つ安倍前首相は、なお政界に隠然たる影響力を保持しうるとみます。その条件とは。

東洋経済education×ICT