カネ遣いでバレる「生涯、二流の人」の4大欠点

「あまりにカッコ悪い人」いませんか?

もうひとつ金銭感覚によってバレるのは、あなたが「おカネを稼ぐためのビジネスパートナーとして、信頼できるかどうか」ということだ。

敵にしたら厄介だが、味方にしたら頼もしい

【3】ビジネスで「おカネを稼げる人かどうか」が出る

私が別名「ミセス・合い見積もり」と呼んでいた女性のボスは、古今東西、すべてのものに合い見積もりを求めていた。

どれほど年収が上がろうと、ホテル一室の10ドルの差にこだわり、飛行機のルートを多少変えて不便な時間帯になっても、フライトの値段を500ドル下げることに粉骨砕身、全力を注いでいた。

私があきれたのは、高級レストランで食事しているにもかかわらず、支払い時に一つひとつ明細を確認しては間違ってマンゴープリンを多めに払っていないかと厳重にチェックしたり、スープが遅かったからといって支配人を呼んで、その一品を無料にしようとしたのだ。

「あなた大金持ちなんだから、マンゴープリンやスープくらい、ええやないか……」とも内心思ったが、こういう人ほど、投資でもビジネスでもバンバン稼ぐものなのである。

なぜ、大富豪である彼ら彼女らが、それほどまでにささいなおカネにこだわるのか。それはお客さんである取引先や投資家へのメッセージでもあるのだ。

みなさんもよく考えてみてほしい。もし自分のおカネを預けて投資してもらうなら、やたらとカネ遣いが荒く、おカネにルーズな人に、みなさんは大事なおカネを預けたいと思うだろうか。むしろ、多少、というか多大に、おカネにがめつい人に任せたくはないだろうか。

これは、交渉のタフさでも同じだ。いい人で人当りがよく、こちらの要望をどんどん聞いてくれる人は、「敵」として接する分には最高だが、「味方」の立場になると、「誰に対しても譲歩しすぎるのでは?」と心配になってしまう。

「敵にしたら厄介だが、味方にしたら頼もしい」と思われるからこそ、人望も資金も集まるのだ。「この人はカネを無駄にしない」という信頼感が、ビジネスを大きくしていくのである。

実際、おカネに細かい一流の人のもとには、投資家から潤沢な資金が集まる。そして、その期待に応えるよう、投資でしっかり利益を出しつつ、余分なコストをビシビシ絞っておカネを稼いでいくのだ。

プライベートで一緒に時間を過ごすにはホトホト疲れる。しかし、仕事を任せるなら、ささいなコストもゴリゴリ削って、会社の経費を絶対に無駄にしないプロフェッショナルに、おカネも人脈も信頼も集まりやすいのである。 

次ページ「人間としての深み」もバレる
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT